仕事でExcelを使う上で、もはや必須と言ってもいいVlookupの使い方を説明したいと思います。事務職の方は、Vlookupが使えると、Excelができる人として見られますよ。

※この記事では、できるだけ分かりやすい表現にするために、正しい言い方とは違った言い方を使うことがあります。

 


スポンサーリンク

Vlookupの使い道

Vlookupは、「別の表から」「指定したある値」と同じ行にある値を「表示させる」ときに使います。

例えば、以下のような表です。

表1では購入した果物の合計金額を集計しますが、果物1個あたりの金額は、表2から取得します。取得するときに使うのが、Vlookupという関数です。

 

Vlookupの書き方

Vlookupには4つの引数を指定します。言い換えると、Vlookupを使うためには、入力する箇所が4つあります。

 

=vlookup(比較するセル,探し先の表,探し先の何列目から探すか,完全一致か・少しくらい違ってもいいか)

 

引数1:比較するセル

探し先の表にある、何という値を探すのかを指定します。””(ダブルクォーテーション)で区切って文字を直接入力することができますが、ほとんどの場合は、Excelのいずれかのセルを指定します。

「りんご」と直接文字を入力するのではなく、B3というセルを指定しています。

 

引数2:探し先の表

探し先の表(例の場合は、表2)の範囲を選択します。このとき、「比較するセル」がある列が一番左端になるように選択します。

 
今回探したいのは、「りんご」など果物の名前ですが、果物の名前はすべてH列に書かれています。そのため、H列が左端に来るように選択します。

 


例えば、このように探したい文字が見た目上の表の一番左になくても、「比較するセル」がある列(H列)が一番左端になるように選択します。このとき、G列は無視します。

 

 

なお、引数1の値が、引数2の左端の列に存在しないと、エラーになります。

お店に無いものを買おうとするとエラーになります。

 

 

引数3:探し先の何列目から探すか

今回は、果物の価格を表1で表示させたいですが、引数3には、探し先の表の何列目にあるかを数字で指定します。

「比較する列」(例の場合H列)を1列目として数えます。価格が書いてある列が見た目上の表の3列目にあっても、商品名から数えると2列目にあるので、「2」と指定します。

 

引数4:完全一致か・部分一致(少しくらい違ってもいい)か

初心者のうちは、「完全一致」だけ覚えれば十分です。ほとんどの場合は、完全一致しか使わず、「少しくらい違ってもいい」のほうは使い時が難しいからです。

ちなみに、完全一致を設定する場合は、

「0」または「false」

と書いてあげます。

 

Vlookupとほかの関数を計算して書ける

ほかの関数と同様、Vlookupで表示される値が数字の場合は、これを計算に使うことができます。


つまり、このように1行の関数で計算してしまうことができます。

 

 

うまくいかないときは、これが原因では?

Vlookupでよくある、うまくいかない理由をまとめました。困ったときはこちらを参考にしてみてください。

 

比較するセルは合っているハズなのに、エラーになる

そのセルはもしかして数字ですか?
数字の場合、「数値」として見るか、「文字列」として見るかによって、同じ見た目でもExcleは違うものとして判断します。

 

イメージとしては、「1234」の場合、
数値:せんにひゃくさんじゅうよん
文字列:いちにさんよん

「せんにひゃくさんじゅうよん」と「いちにさんよん」は、Excelは別物として扱います。

 

1行目はうまくいくのに、2行目からエラーになる

探し先の表をちゃんと設定していますか?1行目の関数をドラッグして2行目以降にコピーすると、探し先の表もずれてしまいます。例えば、探し先の表を「H2:I7」と設定しても、ドラッグするとずれてしまいます。

ずれないようにするには、「$H$2:$I$7」と、アルファベットと数字の前に$をつけるか、「H:I」と数字をつけず、アルファベットだけにします。
※$マークの意味については、「Excel関数がずれない 絶対参照で表を固定 相対参照でわざとずらす」をご覧ください。

 

 

探したい値がある列よりも左側にある値を探せない

残念ながら、Vlookupの弱点で、探し先の表は、探したい値を一番左にしないといけないので、それよりもさらに左にある値は表示させることができません。

ですが、「index + match」関数であれば表示させることができるので、試してみてください。Excelの「index + match」関数で、Vlookupで左側を見れない弱点を補える

 

 

 

 

Vlookupが使えるようになると、事務職として働く際に有利になります。大手派遣会社の登録時スキルチェックに、「Vlookupが使えるかどうか」という確認項目もあるくらいです。



スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします