今回は、ユニクロの「レースギャザースカート」を使ったコーデを紹介したいと思います。こちらはユニクロでお手頃価格ですが、見た目も可愛く、愛用している方も多いのではないでしょうか?春先は上にカーディガンを羽織ったり、夏は半袖ブラウスや、ポロシャツなどと組み合わせ、寒くなれば長めのコートを着用するなどして、1年中使える便利なスカートですね。

引用元:https://www.uniqlo.com/

 


スポンサーリンク

ブラウス、シャツとレースギャザースカートのコーデ

引用元:https://wear.jp/
スカートと同系色のトップスを合わせて統一感を出すコーデがオススメです。トップスはスカートにインして、上からベルトをつけることでより細く引き締まって見えます。爽やかな印象を残すために、髪をまとめる等して首もとをスッキリさせるのもいいでしょう。

 

 

引用元:https://wear.jp/
レーススカートの綺麗な感じを活かしつつカジュアルさを出しています。バッグはスポーツタイプのリュックをして、時計を大きめのスポーツタイプのものを合わせてバランスをとります。

 

 

ニットやカーディガンとレースギャザースカートのコーデ

引用元:https://wear.jp/
白がとても女性らしく気品高いスカートなので、合わせるトップスは少し鮮やかな色味のものにします。冷房避けにカーディガンを羽織ると清楚な印象で、オフィスカジュアルにぴったりの組み合わせです。カーディガンにはアンサンブルニットがオススメです。スカートのフレアなデザインとレースの甘さを、大人っぽさのあるアンサンブルニットが程よく中和してくれます。

 

 

引用元:https://wear.jp/
ニットを合わせたコーデです。スカートの綺麗なラインが目立つようにニットはぴったりしたオーソドックスなものを選び、色を柔らかい感じにします。柔らかい色を選ぶと華やかさが出ます。

 

 

引用元:https://wear.jp/
スカートがレースでふわっと広がり柔らかいイメージになるので、上はぴちっとしたニットやカットソー、Tシャツを着用して、ふんわりし過ぎてデートコーデのようなコーデにならないようにすると、オフィスでも浮かないのでオススメです。

 

 

 

夏のカーディガンコーデはこちらもおすすめです

夏は屋外が暑いのに、室内は冷房が強くて寒いので、カーディガンがあると安心ですね。カーディガンを使った夏コーデをまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

夏おすすめのレディースアウター・トップス(ジャケットやカーディガンなどの上着)

 

 

 

ジャケットやコートと合わせたコーデ

引用元:https://www.instagram.com/
落ち着いて見えるようにするには、ベージュやくすみカラーのシンプルなシャツや柄のないキレイ目のトップスを合わせます。足元は肌馴染みの良いカラーにしてバックの色味も合わせると簡単に纏まって見えるコーデになります。

 

 

引用元:https://wear.jp/
スカートの色は黒を選びます。このスカートがとてもレースが上品なのでトップスはシンプルなシャツにしましょう。上にジャケットを羽織るとオフィスでも脱ぎ着が出来ます。少しカチッとしっかり目のコーデになります。トップスにワイシャツを着れば、オフィス感が出てカジュアル過ぎない感じがするのでオススメです。また、ロングTシャツを合わせて、上にジャケットを羽織るのも、少しフォーマル感が出て印象が良く見えます。

 

 

引用元:https://www.instagram.com/
ブルーのスカートには、トップスはオフホワイトや白、ベージュなどで色味を抑えるとオフィスでも暗く見えずきちんと感も演出できます。着回す頻度の高いコートを合わせやすいグレーやくすみカラーにしておけば、落ち着いた大人コーデになります。タイツをはく場合はヒールやブーツ、バッグなどの小物と色味を合わせるとまとまって見えます。黒でまとめることで、スカートの綺麗な色とレースの繊細さを引き立たせることができます。特に寒い時期にはグレーのノーカラーコートを合わせると、スカートの色味を邪魔せずまとまって見えます。

 

 

ユニクロのレーススカートコーデ
ユニクロのスカートのコーデは、こちらでも紹介しています。「レーススカート」は、ユニクロでも特に人気なタイトスカートですね。

ユニクロレーススカートはオフィスカジュアルにもおすすめ!コーデ10選

 

 

 

 

こちらもおすすめです
20代向けのスカートスタイルについては、こちらも合わせてご覧ください。

 

ユニクロのスカート1着でも、組み合わせは自由自在です。ぜひとも、たくさん着まわしてみてください。

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします