汗をかいてニオイが気になる…

できれば汗はかきたくないところですが、残念ながらそうも言ってられません。汗は皮膚の表面で蒸発することで体の熱を奪い、体温調節をしてくれるという重要な機能があります。

ですが、汗をかいたとしても、すぐにニオイを発してしまうわけではありません。そのあとにしっかりとケアすれば、ニオイを抑えることができます。

 


スポンサーリンク

臭いを発する原因 そもそも汗自体は無臭

よく「汗臭い」などと言いますが、実は汗自体にはニオイがあるわけではありません。ニオイを発する原因は、「皮膚についている雑菌」です。

この雑菌は、人間の皮膚を守るために必要なものなのだそうですが、これがニオイを放つ原因となります。

 

汗をかくと不快に感じる要素のひとつが、ニオイ。
ところが、エクリン腺から出る汗にはニオイの原因となる物質はほとんど含まれていません。
汗が皮膚の表面でアカや皮脂などと混じり合ったところで、これを細菌が分解することでニオイ物質が発生し、臭くなるのです。
すっぱいニオイや、ぞうきんのようなニオイは、エクリン腺から出る汗のニオイがもととなって、細菌が作り出した物質のニオイです。
引用元: 汗の基礎知識 – 汗はなぜ臭うの?|花王

*エクリン腺:体温調節機能が備わった汗腺で、人の体のほぼ全身にある。ちなみに、汗腺にはもう1つ「アポクリン腺」というものがあり、これはワキガの原因になるものだそうです。

 

しかも、「足の臭いは汗と蒸れによる細菌が原因?原因と対策」で書いた通り、菌は高温多湿な場所で繁殖します。汗によって蒸れてしまうと、雑菌がさらに増えてしまいます。
そのため、たくさんの雑菌が汗と皮脂を分解して、ニオイを放ってしまいます。

 

皮膚の雑菌は服の中でも繁殖してしまう

ところで、汗をかくと服も臭くなってしまいますね。ひどいときには、洗濯しても落ちない…というときもあります。これは、皮膚の雑菌と汗・皮脂が服について、服の中で繁殖してしまうからです。汗をかいたら着替えるのが理想ですが、着替えられないことも多いと思うので、服に付く汗の量を減らすことが重要です。

 

 

ニオイの対策 汗をしっかり拭きとる

汗は生理現象なので汗自体を止めることはできませんが、汗による雑菌の繁殖を抑えてニオイを止めることはできます。

雑菌が皮脂と汗を分解してニオイを発するまでの時間は、1~2時間と言われています。そのため、汗をかいてから1時間程度で対策をとる必要があります。

1時間おきに、汗をしっかりと拭きとりましょう。デオドラントシートは、汗を拭きとってくれるだけではなく、雑菌の繁殖の原因となる皮膚の角質や垢を取り除いてくれるのでおすすめです。その後、制汗スプレーを使用すると爽やかなにおいになりますね。

 

こんな対策はNG!

汗を拭きとる、制汗剤を使うことが大切ですが、このような方法はNGです。

 

  • 乾いたタオルで拭く
    乾いたタオルでは、肌表面の水分を全て拭き取ってしまい、体が肌を潤そうと余計に水分を出してしまうのでNGです。タオルを使う際は、水で濡らしましょう。

  • 汗を拭きとらず、制汗スプレーを使う
    よく、汗を拭きとらず制汗スプレーを使う人がいますが、汗を拭きとれていないのでNGです。制汗スプレーは、「汗をかく前」に使うものであり、「汗をかいた後」に使っても効果はありません。

 

ここで注意したいのが、使うタイミング。スポーツをした後、とりあえず「シュっ!」とスプレーをしておけばいいというわけではありません。ニオイのもとは汗ではなく菌!この菌がある状態でスプレーをすると、余計に悪臭を引き起こす原因になる可能性もあります。汗拭きシートなどでしっかりと汗を取り除いてからスプレーをしましょう。同じ理由で、入浴後の清潔な状態でのスプレーが一番効果が高いとされています。
引用元:制汗スプレーおすすめランキング!正しい使い方と注意点まとめ|YAMA HACK登山

 

まとめ

汗臭い原因は、「汗そのものではなく、汗が皮脂と混ざって皮膚の菌が繁殖する」ことでした。ニオイが発生する前にしっかり対策すれば、ニオイを軽減させることができます。

足はとくに蒸れやすく、汗をかきやすいところなので特に注意したいですね。



スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします