「朝は太陽の光を浴びるといい」ということを聞いたことはありませんか?

僕自身も、太陽の光で眠気が覚めるとは聞いたことがありますが、その理由については知らないままでした。ですが、睡眠改善インストラクター、竹田浩一氏の著書、不眠症4000人を救った 睡眠改善インストラクターが教える「眠りの魔法」(坪田聡(さとる)医師監修)を読んで、その理由が分かりました。

今回は、なぜ「太陽の光を浴びるのがいいのか」を説明したいと思います。

 

 


スポンサーリンク

目覚めと眠りに関わる「セロトニン」「メラトニン」

眠気に関する物質として、「セロトニン」「メラトニン」という物質があります。それぞれ役割は異なりますが、そのどちらも、睡眠のために必要となるものです。

 

セロトニン

セロトニンは、一言でいうと身体に癒しを与えてくれ、目覚めさせてくれる物質です。身体が太陽の光を浴びると、セロトニンが分泌されます。

 

セロトニンは意識の覚醒を促し、自律神経に働きかけて体温の調整をしたり、血圧をコントロールしたり、私たちが爽やかに目覚め、元気に活動するための手助けをしてくれます。

引用元:不眠症4000人を救った 睡眠改善インストラクターが教える「眠りの魔法」 竹田浩一 著

 

 

メラトニン

メラトニンは、セロトニンとは逆に眠気を促す、別名「睡眠ホルモン」です。目覚めてから14~16時間後程度、つまり朝6時に目覚めた場合は、20~22時くらいに体内で分泌が始まる、とのことです。

また、寝ている間に身体をリセットして、アンチエイジングの効果もあるとのことです。

 

 

太陽の光を浴びてすっきり目覚めると、ぐっすり寝られるようになる

セロトニンとメラトニンは密接に関わっており、大きく分けて2つの関係があります。

  • セロトニンが、メラトニンを抑制する
  • メラトニンは、セロトニンをもとに合成される

 

脳を目覚めさせるセロトニンは、眠りのもとであるメラトニンを抑制させます。つまり、太陽の光を浴びると、眠気が抑えられるので、すっきり目覚める、ということになります。

また、メラトニンの分泌が始まる夕方~夜になると、日中に十分なセロトニンを得られていれば、夜には十分なメラトニンが得られるので、ちゃんと眠気が得られ、ぐっすり寝られるようになります。

 

 

音で目覚めるよりも、光で目覚める方がいい

みなさんがよく使っている目覚まし時計や携帯のアラームは、音で起きるためのものですが、それが人間にとってストレスになってしまっているとのことです。
そもそもストレスが不眠症の原因になるとも言われていますが、その理由は、ノルアドレナリンが過剰に分泌されるからです。

 

動物の本能で、音は敵がやってくるサインです。「敵が近づいたので起きろ!」というサインをノルアドレナリンが出していますが、身体にとっては「無理やり起こされた」形になってしまったので、脳がしっかり目覚めません。

 

この状態だとセロトニンが足りなくなってしまい、必然的にメラトニンも足りなくなるので、しっかりした眠気が得られず眠りが浅くなる、ということになってしまいます。

 

そのため、携帯のアラームは、本来であれば人間の身体的にはあまりよくないので、光をちゃんと浴びよう、ということになります。ちなみに、部屋の明かりではセロトニン分泌に必要な明るさが足りないのでNG、太陽の光でないとダメとのことです(雨の日でも、セロトニン分泌に必要なレベルの光は得られるようです)

 

 

光で起きる目覚まし時計

とはいっても、なかなか太陽の光を浴びるのは難しい場合があります。なので、竹田氏は光で起きる目覚まし時計、「inti」を開発されたようです。欧米では、「光で目覚める」というのは一般的になっているようです。

それなりのお値段はしますが、「すっきり起きて、ぐっすり寝られる」ためにはいいのではないでしょうか?僕も試してみようかな

 


光目覚ましinti4(インティ4)

 

 

著書紹介

著者の竹田氏も、長い間不眠症に悩まされていたとのことです。それでも、「光を浴びることによって寝られるようになった」経歴から、「光を浴びる」ということを提唱され続けているようです。

著書には、本記事で書ききれなかった、「いい眠りのために必要な動作」「やってはいけないこと」「取り入れるとよい栄養素」などが紹介されています。

 

 

竹田氏は、30分程度の昼寝についてもおすすめしています。僕も毎日昼寝しているので、以下の記事も参考にしてみてください。メリットいっぱい 昼休憩のときの昼寝の効果とおすすめの場所



スポンサーリンク


スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします