秋も終わりに近づいてくると、ストッキングでは肌寒く、タイツを履く人が多くなってきます。ただし、それでもタイツではなくストッキングを履くのが、おしゃれ重視な方にはおすすめです。

 

実際に冬でもストッキングを履く人に聞いたり調べたりしたところ、このような意見がありましたので、おしゃれにむけてぜひ参考にしてみてください。

 

 


スポンサーリンク

見た目はタイツよりもストッキングがいい!寒さは我慢

タイツの生地は、ものによっては若干厚ぼったい印象を与えてしまうので、冬でもストッキングで脚をきれいに見せる!という意見がありました。

 

 

ベージュのストッキングで脚をきれいに見せたい

「プライベートでスカートを履く時にストッキングを履きます。黒や色付きのタイツだと、スカートの色に合わせたりトップスに合わせたりと、コーディネートが少しめんどくさいので、無難なベージュを履いています。」

見た目がよければ、おしゃれなら多少の寒さは我慢するのが女子ですね。ストッキングはラメ入りだったり柄が入っていたりとおしゃれなものが多いので、冬でも履く、という方もいます。


引用元:https://wear.jp/

 

 

同じ黒でも、ストッキングのほうが見た目がきれい

「プライベートの場面で、タイツだと生地が厚くしっかり履いているように見えてしまうので、お洒落をして出掛けた時やその時の服の系統によっては足の出る部分をよりきれいに見せたいから、タイツではなくストッキングを履いています。」

「普段使いとしてプライベートで着用しています。冬は全身黒コーデになりがちなので、足元をストッキングにすることで同じ黒でも重くない印象になるので使用します。また柄も多く、タイツより毛玉ができにくいという点もストッキングを使用するポイントです。」

 

冬なら、ストッキングもベージュではなく黒を選ぶ方も多いですね。色だけならタイツと同じですが、透け具合やきれいに見せ具合からストッキングを選ぶ人もいますね。

 


引用元:https://wear.jp/

プライベートでおしゃれしたいとき、特にデートのときなどには、ストッキングの方を好む人も多いかと思います。また、タイツだと生地が厚くゴワゴワするので、ストッキングのほうがいい、という人もいました。

そういえば、世の中の女子高生は、寒い冬でも生脚に靴下だけ…というのをイメージしますね。見た目のため、おしゃれのために寒いのを我慢していますが、最近ではよく見るとベージュのストッキングを履いている、という生徒もいます。

 

 

薄手のタイツのコーデについても合わせてご覧ください。【人気ランキング】タイツのデニール数別コーデ7選(仕事・プライベート)

 

 

 

 

仕事にタイツはNG?ビジネスマナーが理由

「ビジネスウェアでタイツはNG」という意見がありました。規則で決められていたり、見た目や相手に与える印象から、タイツを使わない方がいました。
※本記事は各個人の感想です。社風によっては、タイツでも全然問題ない場合もあるので、あくまでも参考程度でとらえてください。

 

社則で決められている

「主に仕事でストッキングを履きます。事務の仕事をしているため基本的に職場ではストッキング着用となっておりタイツは認められていません。正直冬はかなり寒いです。仕事中は室内なのでまだよいですが、制服で通勤しているため行き帰りが寒いです。タイツに履き替えればよいのですが、車での通勤ですし履き直すのが面倒なのでそのままストッキングを着用したままです。」

こちらの方は、完全に社内規則によって決められているパターンです。会社に更衣室があれば、通勤はタイツで、会社で履き替えることもできると思いますが、会社によってまちまちなので、それができないと大変ですね。

 

 

仕事でも見た目が大事

「仕事の時にストッキングを履きます。特に大事な商談の時です。理由はストッキングの方が脚がよりスリムに見えてスタイリッシュだからです。ビジネスの7割は見た目で決まると思っていますので、外見はとても重要です。」

プライベートコーデと同じく、ビジネスの場でも見た目重視ならストッキングを履く、という意見がありました。相手に与える印象は大事ですからね。


引用元:https://wear.jp/

 

ちなみに、このモデルさんが履いているものはチュチュアンナのストッキングですが、チュチュアンナは1足300円と安価で、かつ生地が暖かく柔らかいのでおすすめです。詳細は以下をご覧ください。3Coinsとチュチュアンナ お手頃価格の安いストッキングを試してみた

 

 

また、以下も合わせてご覧ください。配属直後の新入社員や20代の若手におすすめのオフィスカジュアル(スカートスタイル)

 

パンツスーツの下でも、パンプスから見える足に気を付ける

「仕事で明るい色のパンツを着る時は、ストッキングを履いています。白やライトグレーのような明るい色のパンツの場合、足首からタイツが見えると重たい印象になるので、ベージュのストッキングを選んでいます。」

パンツスーツから見える足にも気を付ける必要がありますね。

 

 

まとめ

見た目を取るか暖かさを取るか…見た目を重視したいときには、冬の日でもストッキングを履いておしゃれに決めたいですね。
※やっぱりタイツがいい方はこちら。おしゃれに履きこなしたい!可愛いカラータイツのコーデ9選

 

ストッキングを価格別に比較してみました。「ストッキングを価格別に徹底的に比較した おすすめの値段はいくらか?」もご覧ください。



スポンサーリンク


スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします