旅行の目的のうち、「旅行先でおいしいものを食べる」ということが大部分を占める方も多いかと思います。特に、一人旅ならだれの目を気にすることもなく、自由に食べられます。大阪や福岡、札幌などグルメの街に行ったら、一日中食べ歩いても飽きないですね。

ですが、今回おすすめしたいのは、「新幹線内での食事(晩酌)」です。新幹線の中という、日常からちょっと離れた空間の中で、優雅(?)なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

10人の女性(20代~30代前半まで)に、新幹線内のおすすめメニューを聞いてきました。一人旅の帰り(行きも?)だけではなく、出張帰りの方もぜひどうぞ。
※「晩酌」と言いつつ、行きの電車の紹介もたくさん含まれていますが…!それはご愛嬌笑

 

 


スポンサーリンク

駅弁をがっつり食べるなら

東海道新幹線の豊富な駅弁

20代後半
新幹線に乗ってひとり旅をする時は気持ちも盛り上がるので必ず駅弁を食べます。行きは京都から出ることが多いので、鶏めしだったり、京都のおばんざいの詰め合わせ弁当もおすすめです。名古屋に行った時はメジャーですが味噌カツ弁当を買って女ひとりで見栄え悪いかなと思いながらも缶チューハイもセットで。ホテルでもひとり晩酌をしますが、帰りの新幹線内で思い出に浸りながらの一杯はたまりません。地酒の小さいカップを買って飲むこともあります。

 

30代前半
定期的に大阪に出張があり、いつも新横浜駅から乗車しています。新横浜の駅ビル内で崎陽軒の「シウマイ弁当」を購入してビールを飲むのが定番です!シウマイのしっかりした肉の味がビールにとても合うし、ずっしり食べ応えもあるので軽い食事にもオススメです!ただ、シウマイもちょっと車内に匂いがするかな?と気になるので、発車してスグに食べ始めて食べ終わった後は袋の口をしっかり縛り、周りに迷惑にならないように気を配っています。

 

やはり駅弁+お酒は王道中の王道ですね…!特に東海道新幹線区間は、大阪、京都、名古屋、横浜と名物だらけです。特に、一人旅の場合は周りの目もないので、行きの車内から堂々と駅弁+ビールを開けられる笑

崎陽軒のシウマイ弁当(シュウマイではない)は駅弁の定番中の定番で、わたしもをよく食べますが、ビールが最高ですね。調子に乗って出張の行きのときでも飲みたくなりますが、ここは我慢…笑

 

おばんざい弁当(京都)

引用元:https://travel.watch.impress.co.jp/

 

鶏めし(京都)

引用元:https://www.nre.co.jp/

 

味噌カツ弁当(愛知)

引用元:https://www.jr-cp.co.jp/

 

シウマイ弁当(横浜)

引用元:https://www.leon.jp

 

東北新幹線なら、仙台の牛タン

東京駅から実家に帰省する際に新幹線を利用します。私のおすすめは、東京駅に入っている「仙臺たんや利久 東京駅店」さんで牛たん弁当を買い、キヨスクでビールを買って新幹線でいただくことです。少し贅沢なお弁当にすることで、旅の感じが出て、新幹線飲めます窓から風景を眺めながらビールを美味しく飲むむことができます。

 

一人旅でよく利用するのは、東北新幹線の福島から仙台間です。女性の一人旅でも、気軽に行きやすい場所だと思います。その区間の駅弁には、仙台名物の牛タンを贅沢に使った物があります。それでいながら、価格も手頃で購入しやすいです。その弁当には、面白い機能があります。付いている紐を引っ張ると温めることもできるのです。日本酒のカップ酒かパックに入った濁酒がよく合います。

 

仙台といえば牛タン弁当ですが、わたしは今まで日本酒をチビチビやりながら牛タンは食べたことがありませんでした。おいしそうですね…!

 

牛タン弁当(宮城)


引用元:https://30min.jp/

 

日本一おいしい新潟の海鮮

よく新潟から東京までMaxときを利用しています。そのときよく食べるおすすめの駅弁は「まさかいくらなんでも寿司」です。まずネーミングにびっくりですよね。名前の通り、ます、さけ、かに、いくらが、美味しい白米の上にどっさりのせられている、新潟の美味しいものをたっぷり味わえる豪華なお弁当です。お供は地ビールの越後ビイルで決まり!なんでも日本の地ビール一号だそうですよ。新潟を存分に楽しむことができるお気に入りの組み合わせです。

 

お…おいしそう…!個人的に新潟はごはんもお酒も日本一だと思っていますが、これは本当においしそうですね。お酒も、新潟のおいしい日本酒や地ビールが選び放題で迷ってしまいます。

 

まさかいくらなんでも寿司(新潟)

引用元:https://tabelog.com/

 

エチゴビール(新潟)

引用元:https://echigobeer.com

 

 

いろいろなビールを集めてみました。有名メーカーのビール以外にも、たくさんのおいしいビールがあります。ぜひ試してみてください。

 

 

 

 

おつまみとお酒でチビチビとやるなら

手軽に食べられるおにぎりやサンドイッチ

アルコールはあまり強くないので飲みやすい梅酒など、つまみは殻付きの豆(イカリ豆)を揚げたフライビーンズなど食感を楽しめるもの食べるのが好きです。駅で好きなものが見つからないと残念な旅行になってしまうので飲みたいときは事前に用意しておくようにしています。
駅弁はよくひつまぶし巻きを買います。切り分けられているので食べやすいし、わさびや抹茶などがついているのでつまみとしてだけでなくお酒の〆としても楽しめるので見つけると嬉しくなります。お湯を持参してひつまぶしにすることもでき、いろいろな食べ方ができるのでとても魅力的だと思います。さらに寒い時期に梅酒をお湯割りにすると体が温まるので、荷物は増えてしまうのですが新幹線の乗っている時間も楽しめるようにちょっとした手間をかけるのもおすすめです。

 

 

ひつまぶし巻き、食べたことはありませんが、おいしそうですね…!結構ボリュームがありそうなので、これだけでも満足できるかもしれません。
あと、この方も言っていますが、駅弁やお酒はできれば事前に、遅くても発車1時間前くらいには駅に着いて購入することをおすすめします。混雑するというのもありますが、単純に、駅のお土産コーナーのほうが品数が多いからです!

 

ひつまぶし巻き(愛知)


引用元:https://nikkan-spa.jp/

 

出張帰りの新幹線でよく食べるメニューは「ビーフカツサンド」。車内販売のワゴンサービスが来ると、たいていこのメニューを注文します。ビーフカツにソースがよく絡んでいて絶品です!そしてカツサンドに合わせて注文するのが「キリン一番搾り」。周囲の目があるので、一口飲んで「くう~!」と言うのは我慢しますが、ビーフカツサンドとキリン一番搾りは、私の中ではゴールデンコンビ。ちょっとカロリーが高めな気もしますが、出張先で頑張った自分に「おつかれさま!」の意味を込めたご褒美晩酌です。

 

 

わたしもこの前食べました!新大阪駅にはビーフカツサンドが本当にたくさんの種類があるのでオススメです!肉肉しさと、お酒を片手に手軽に食べられます!

ちなみにわたしがこの前食べたのは、中之島のビーフカツサンドでした。

 

ビーフサンド(大阪)

引用元:https://www.asty-kyoto.co.jp/

 

定番のおやつとビール

出張帰りの新幹線車内で私はいつも、駅の売店で買ったビールとチーザ(チーズをカリカリに焼いたクラッカーのようなお菓子)を携えて仕事の疲れを癒しています。週末に出張が入ることが多いので、出張帰りの金曜はだいたいこんな感じです。いつも車内を見渡すと自分と似たような感じで楽しんでいるサラリーマンを見かけるので、そんなときは「おお同士」なんて思いながらビールをぐびぐび、チーザをぼりぼり自分の時間を楽しんでいます。

 

30代前半
一人で晩酌をする際におすすめのメニューとしては、駅構内で購入ができる稲荷ずしと、サラミ、チーズいかの組み合わせです。コンビニや駅のホームなどでも売られています。この組み合わせはビールはもちろんのこと、ワインやハイボールなどどんなお酒にも合います。しかし新幹線という人の目も気になる場所でも晩酌なので、無難にビールがおすすめです。稲荷寿司でお腹を満たし、後はチーズいかなどで少しずつお酒を楽しめるのが魅力です。

 

 

確かに、チーザはおいしいですよね…!地元の名産のおつまみもいいですが、どうしてもお値段がかかってしまうので、安く抑えたいなら、普段食べているおつまみでも、新幹線効果?で違う感じになるかもしれません。駅だけではなく、どこでも買えますからね。ほかのおじさんサラリーマンと同じことをやることになりますが、気にしたら負けです。「無難にビール」で大正解です笑

チーザ

引用元:https://www.glico.com/

 

どうしても周りが気になるなら、女子らしいお酒

30代前半 広島県
ご飯もののお弁当をよく食べています。冷めてもおいしいし、サイズが小さいので持ち歩きに便利です。移動時にささっと食事をしたい時にお薦めです。
好きなお弁当は広島駅で買える「あなごめし」です。あなごはふっくらしていて、タレもコクがあって満足度が高いお弁当です。一緒に飲むお酒はワインです。女一人でビールや日本酒を飲むのは人目が気になりますが、ワインはパッケージにおしゃれ感があるし、香りも弱いので気軽に飲めます。ミニサイズのワインがキオスクで買えるので、一人でも飲み切ることができます。私は駅やコンビニで買っていますが、車内販売でもカップタイプのワインを購入することができますよ。

 

 

周りを気にしてはいけないというものの、やっぱりどうしても一人でビールをグビグビ飲むのは恥ずかしい…という方は、可愛いお酒はどうでしょうか?


引用元:https://www.kirin.co.jp

 

ワインなら、このような地元名産のワインをお土産以外にも「新幹線で飲む用」を買うといいですね…!

さくらんぼワイン(山形)


引用元:https://takahata-wine.shop-pro.jp/

 

あなごめし(広島)


引用元:https://weekly.ascii.jp/

 

以上です。今回紹介したものはどれも本当においしそうで、迷ってしまいます。ただ、1つだけ確実に言えることがあります。それは、「どれもお酒が進む!」

 

 

移動は移動と割り切り、現地でおいしいものをたくさん食べたい方は、LCCを使ってみてはいかがでしょうか?格安飛行機・LCCが安い理由とメリット/デメリット【国内線】



スポンサーリンク


スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします