新入社員研修が終わり各部署へ配属される新入社員が続々と現れてくるころと思います。

研修のころはスーツでも、現場に出ればオフィスカジュアル(ビジネスカジュアル)でOK、という方も多いと思いますが、何を着たらいいか、と悩む方もいらっしゃるかもしれません。

悩ましいのは、いかにTPOをわきまえられたコーデにできるかどうか、ではないでしょうか。学生のころは好きな服を着ればよかったですが、これからは上司やお客様の目もあります。見た目や機能性だけでなく、いい印象を与えられる服選びも重要ですね。

一足先に社会に出た先輩たちの声をもとに、配属されたての新入社員におすすめのオフィスカジュアルを集めてみましたので、参考にしてみてください。

今回は、機能性と、「しっかりしているように見える」という観点で選ばれることが多いパンツスタイルを集めてみました。

なお、どのコーデにも言えることですが、原色系などの派手な色や柄の服は避けましょう。できるだけシンプルな色にするのが、オフィスカジュアルの基本ですね。


スポンサーリンク

仕事ができそうな人アピールなら:ジャケット+無地のシャツ

ネイビーのパンツとグレーのジャケットのオフィスカジュアル
出典:https://wear.jp

ネイビーのパンツとベージュのジャケットのオフィスカジュアル

出典:https://wear.jp

まずは仕事着の基本(?)、キャリアウーマンのコーデです。

トップスは、シンプルなブラウスにし、色は白やライトブルーなど、爽やかに見えるものにします。

クールビズ期間が始まる前は、その上からグレーやベージュの薄いジャケットを羽織ります。普通のブランドショップに売っているようなジャケットでだいじょうぶです。

ボトムスはスラックスやチノパン、テーパードパンツがおすすめです。色によって印象が違ってきますので、好みのものを選んでみてください。

ちなみに白だと以下のようなイメージです。

白のパンツとネイビーのジャケットのオフィスカジュアル
出典:https://wear.jp

靴はシンプルでヒールの低いパンプス(5cm以下)で、色は黒や紺などの落ち着いたものがいいでしょう。

外出することも多い営業さんの場合は、機能性についても必要なポイントですね。特にこのコーデのおすすめポイントは、清潔感があって動きやすい服装、というところです。スーツに近い服装なので、きちんとしていて、かつ爽やかな印象を与えられるコーデです。

また、シャツは暗い色にすると、このようになります。

ベージュのチノパンと黒のカーディガンのオフィスカジュアル
出典:https://wear.jp

より落ち着いた色のほうが好まれる場合は、このようなものはいかがでしょうか。明るい色を使いたい場合は、全面的に出さずに差し色として使用することもおすすめです。

営業さんの場合はお客様と会う可能性が高いので、よりしっかりとした服装が求められますが、事務さんなどオフィスワークを行う方であっても、新人のころは来客対応などでお客様と接する機会があります。急な外回りがあっても外部の方に失礼のない格好を心がけておくといいですね。

可愛さ重視なら:ストライプのシャツ+ワイドパンツ

黒のワイドパンツとストライプのブラウスのオフィスカジュアル
出典:https://wear.jp

今度は可愛さ重視のコーデです。まずはストライプのシャツです。白シャツだと堅い印象が強いですが、少しカジュアルにしつつも、襟が立ちやすいものを選び、だらしないように見せないのがポイントです。

ボトムスはひざ下の少しフレアなタイプにし、女性らしさと新人らしい可愛さを表しています。

最後に、靴をオフィスカジュアルの定番のブラックパンプスをローヒールで合わせて、全体的に仕事がしやすいコーデにしています。

ボトムスはタイトなものにすると、仕事ができそうな印象を与えられますが、同時に堅くなりすぎてしまう可能性があります。若手らしく可愛さをアピールしても、いい印象を与えられそうですね。

まとめ

仕事は第一印象が肝心!しっかりコーデでばっちり決めると、デキそうな人だと思われるかも?周りに与える印象に関係なく、しっかり目コーデを選べば、自分の気分も高まりますね!

気を付けたいポイント

なお、仕事着の場合は、パンツスタイルであってもストッキングは必要です。夏は暑いですが、特にお客様と会う方は、基本的な礼儀になりますので、忘れないで履くようにしましょう。

パンツスタイルのビジネスウェアにストッキングは必要なのか。

その他のパンツスタイルコーデ

パンツスタイルのいろいろなコーデを以下のページでまとめています。

きっちり目から可愛い系まですべて紹介しているので、コーデ選びも安心です!

パンツスタイルのオフィスカジュアルまとめ ゆるふわコーデからキャリアウーマンコーデまで!

スカートのコーデはこちら

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク

こちらもおすすめ!人気記事