ダイエットに食事制限をしているという人も多いと思いますが、たんぱく質はきちんと摂っていますか?

たんぱく質を取る手段として一番に思い浮かぶのがプロテインだと思います。ですが、

  • プロテインは太りそう…
  • 筋トレをしていないから飲まなくても良いのでは?

と思っていませんか?

実はプロテインは筋トレをしていなくても、ダイエットしている人全ての方におおすすめです。

今回はダイエットしているけど、まだプロテインを飲んでいないという人向けにプロテインの素晴らしさを解説します。


スポンサーリンク

有酸素運動とプロテインの関係について

有酸素運動

食事制限にプラスしてダイエットのためにウォーキングなどの有酸素運動を始めたという人も多いのではないでしょうか?

有酸素運動をすれば脂肪は落ちます。ですが、有酸素運動は同時に筋肉も落ちるというデメリットがあります。

エネルギーが不足している状態で有酸素運動を行うと、筋肉を分解してしまいます。

有酸素運動は糖質・脂質・アミノ酸(タンパク質)がエネルギー源となります。有酸素運動においては、上記のアミノ酸の枯渇が筋肉量の低下に影響します。長時間の有酸素運動を行い、糖質のエネルギーが枯渇すると、脂質を分解してエネルギーを生み出します。そのタイミングで、血中や筋肉内のアミノ酸もエネルギーとして利用されます。そのため、必要なエネルギーが枯渇している状態で有酸素運動を行うと、カラダの筋肉を分解してエネルギーを確保するため筋肉量の減少が起こるのです。

引用元:https://melos.media/

もしあなたが筋トレなどの無酸素運動をしていないのにも関わらず、有酸素運動ばかりしているのであれば要注意です。

筋肉が少なくなってくると、基礎代謝量も落ちるので、痩せるどころかむしろ痩せにくい体になるでしょう。

しかも筋肉は非常に重いので、体重計に乗ってみれば体重は落ちています。勝手に脂肪が落ちたと勘違いする人も少なくありません。

この時に活躍してくれるのが、プロテインなのです。Proteinとはタンパク質を指しますが、有酸素運動のエネルギー源です。筋肉の低下を防いでくれる効果があります。

つまりプロテインは、筋トレをして筋肉マッチョになりたい人だけの飲み物ではないということですね。

プロテインを飲むタイミングは有酸素運動の30分後

プロテイン

プロテインには、飲むタイミングがあります。基本的にはいつ飲んでも良いですが、効果を最大限に発揮したいのであれば有酸素運動の30分〜1時間以内に飲むと良いでしょう。

理由は、有酸素運動の直後は体内のたんぱく質量が激減するからです。また、運動のゴールデンタイムと呼ばれる、体がたんぱく質を吸収しやすいタイミングというのもこの、30分〜1時間だからです。

ウォーキングやランニングなどで運動している人は、帰宅後忘れずにこのゴールデンタイムにプロテインを飲むようにしましょう。

最適なプロテインの量

1日のたんぱく質摂取量は、体重1kgあたりたんぱく質2gが基本となっています。つまり50Kgの人であれば、約100gが理想ということです。

ですが、1回のプロテインで100g摂取するという極端なことはNGです。1回あたり20gくらいしか体内に吸収できないと言われています。プロテインのパッケージにある飲み方を守ると、だいたい10~20gのたんぱく質を摂取できるので、それを守りましょう。

ダイエットにおすすめのプロテイン

プロテインにはいくつか種類があります。

  • ホエイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • カゼインプロテイン

この3種類が代表的ですが、ダイエット中の方におすすめなのはソイプロテインです。

ソイプロテインはこの3種類の中では唯一植物性で、他のプロテインに比べて低カロリーなのに、吸収が遅いので腹持ちが良いという特徴があります。また大豆なので、女性に嬉しいイソフラボンの効果も発揮してくれます。

ただし味的にはホエイプロテインなどの牛乳を原料としたものには劣るので、一度に大量に購入するのは避けておきましょう。

食事制限ダイエットのみで有酸素運動はしない人のための飲み方

食事制限ダイエットのみで有酸素運動はしない人のための飲み方

食事制限のみで、有酸素運動をする時間がないという人も多いと思います。食事制限も今まで通りの食事から量を減らすわけですから、残念ながら筋肉が低下していきます。

特に食事からたんぱく質を取るのは意外と難しく、たんぱく質を摂ろうとすると無駄な脂質も摂ってしまいがちです。これではせっかくの食事制限も無意味になってしましますよね。

しかしプロテインであれば、糖質や脂質は入っておらず基本的にはたんぱく質だけなので効率よく栄養を補給することができます。たんぱく質をとって入れば、筋肉量の低下も防げるので食事制限をしていてもリバウンドしにくい体になるでしょう。

プロテインは夜がベスト

食事制限ダイエットでのプロテインは、夜がベストです。食事制限においては、「20時以降の食事はNG」と言われていますが、夕食の代わりに、プロテインを飲みます。

もしくは、通常の夕食の半分+プロテイン半分にすると、ほどよい満腹感も得られます。
※通常の食事+プロテインはNGです。プロテインは「痩せる飲み物」ではなく、エネルギーを補給するための飲み物なので、摂り過ぎると太ってしまいます。

また、食事制限中は甘いものは禁物です。そんな時にプロテインを飲めば、一時的にその欲を抑えることができます。最近のプロテインは甘くて美味しいものや、たくさんの味付けが楽しめるものが増えています。

食事制限中に甘いものが摂りたくなったら、ぜひチョコレート味やストロベリー味の甘いプロテインを飲んでみてください。

プロテインはこれが一番おいしいです。5種類の味が楽しめます。

まとめ

プロテインといえば筋肉マッチョの人が飲むものというイメージがありますが、そんなことは決してありません。

むしろ有酸素運動だけでダイエットしたい人は絶対に飲むべきものなので、まだ飲んでいないのであればぜひ、飲み始めてみてはいかがでしょうか?

プロテインは飲み過ぎに注意!

食事制限として、食事代わりにプロテインを飲んでいる方も多いと思います。ですがプロテインだけで過ごそうとするとエネルギーが足りなくなったり、お腹がすいてしまいます。何事もやり過ぎは禁物です。

置き換えダイエットはやりすぎに注意。2食以上は逆効果。

その他の食事法はこちらをご覧ください

ダイエットに有効な食事制限や健康法をまとめてみました。こちらも合わせて参考にしてみてください。

食事制限したい人へ!おすすめの置き換え/ダイエット食メニュー6選



スポンサーリンク


スポンサーリンク

こちらもおすすめ!人気記事