ジャケットを着ないで、ブラウスやカーディガンを合わせるとオフィスの中でも可愛くなれますね。今回は、きっちりしたパンツスタイルでも可愛く見せたい方のために、ジャケットを着ないオフィスカジュアルコーデを紹介したいと思います。

 

 


スポンサーリンク

白のブラウスを使ったコーデ

白のブラウスは清潔感があり、どの年代の人にもいい印象を与えられますね。寒ければ上にジャケットやカーディガンを羽織ればいいので、季節を選ばず着られるのも便利です。

 

 

パンツは細身のすらっとしたスタイルのもので、纏まりがありつつ、女性らしいシルエットで、オフィスカジュアルにも適しています。ジャケットを着ないときでも、ブラウスならきちんと感が出るし、清潔感もあってオフィスにぴったりです。スキッパーネックだと首元が綺麗に見え、体型もスッキリした印象になります。


引用元:https://zozo.jp/

 

 

パンツも淡いベージュにするころでさらに清潔感が出て、女性らしさも演出できますね。


引用元:https://wear.jp/

 

 

 

ボタン無しの白のサテン生地ブラウスは、サラサラしているのに高級感があり、何よりシワになりにくく動きやすいのに綺麗めカジュアルが使いやすいです。どんなパンツスタイルにも合うので、朝からコーデを考えなくていいのが楽ですね。


引用元:https://wear.jp/

 

 

パンツスタイルでも、きっちりよりも可愛く見せたいなら、白などのブラウスと合わせるといいですね。また、ただの白のブラウスよりは、フリルやレース、あまり派手すぎない刺繍やデザインが入るとより女性らしさが増します。


引用元:https://zozo.jp/

 

 

トップスにボウタイブラウスを着ることで、屈んだ時に胸元が開き過ぎずに、きちんと感がでます。また、パンツにトップスインする事で、スタイルアップができて、トレンド感も出ますね。シワになりにくい素材を選べば、アイロンいらずでシャツより楽です。


引用元:https://item.rakuten.co.jp/

 

 

 

 

シャツやブラウスにカーディガン、黒パンツです。カーディガンか、シャツがあると少しきちんと感がでて、カジュアルな素材や形のものでもよりオフィスっぽくなります。毎日コーデ考えるのも大変なので、困ったときにこの二つをたくさん持ってると合わせやすく楽なのでおすすめです。


引用元:https://wear.jp/

以下の記事も合わせてご覧ください。着回しコーデで一週間も一か月も 4種類のアイテム×2選(計8選)

 

 

楽な着心地で、きちんとした印象を与えられるニットアンサンブルです。上に羽織るカーディガンは、インナーをウエストインする場合には長めのカーディガンの方がバランスよく見えますね。


引用元:https://wear.jp/

 

 

白いブラウス以外のコーデ

ワイドパンツにVネックを合わせた華奢見えスタイルがおすすめです。身長が低いとワイドパンツを避けがちな人も、このスタイルではワイドパンツの効果で足長プラス足首を細く、そしてVネックでデコルテラインを見せることで全体のバランスが綺麗に仕上がるのがポイントです。


引用元:https://wear.jp/

 

 

くすみ系カラーが好きな人は、リゾートライクかつしっかり大人に仕上がるカーキはいかがでしょうか?形の良いテーパードパンツと合わせて、ちょっと大人のオフィスカジュアルに。


引用元:https://wear.jp/

 

 

ベージュのパンツは、あまりカジュアルになりすぎないようにトップスは黒で、ぴったりめのサイズのVネックのものを合わせて大人っぽくするのがポイントです。パンプスも黒にして、すっきりとしたコーデにしたいですね。


引用元:https://wear.jp/

 

 

 

黒のボトムスは、ワイドパンツやくるぶしが出るくらいの丈のパンツにしたりと、形や丈でパンツの印象を変えるといいですね。ブラックにすると普段使いもできる他、トップスを変えるだけでイメージも変わるので退屈しないコーデが楽しめます。


引用元:https://zozo.jp/

 

 

 

Vネックで襟元が開いている方がスッキリ綺麗な印象を持たれます。首回りが寒いときはストールを巻くといいですね。夏場は白系のシャツが映えますね。


引用元:https://zozo.jp/

 

 

こちらのパンツはフルレングスのものです。締め付けられる感覚が苦手な方は、ワイドパンツがいいですね。ボトムにボリュームがあるので、トップスはタイトにしてメリハリを付けます。女性らしい明るいカラーのブラウスかシャツを選び、ボトム、トップス共にシンプルなものを選ぶといいですね。


引用元:https://wear.jp/

 

 

 

パンツは、ブラック、ネイビー、ホワイトの無地が無難でいいですが、トップスは柄でも無地でも合わせやすいですね。あまり暗い印象にならないようなに、華やかで明るい色をチョイスしてみてはいかがでしょうか?


引用元:https://wear.jp/

 

 

ページュやホワイトのワントーンでまとめて、仕事ができそうな女性というイメージのコーディネートです。オフィスはエアコンが効きすぎて寒いこともあるので、着脱のしやすいカーディガンは必須ですね。


引用元:https://wear.jp/

 

以下の記事も合わせてご覧ください。夏おすすめのレディースアウター・トップス(ジャケットやカーディガンなどの上着)

 

 

春のオフィススタイルは、キレイ色のニットを使った爽やかなコーディネートがオススメです。レモンイエローのニットアンサンブルとベージュのチノパンの組み合わせると、フレッシュな印象になります。キレイ色のニットは顔色を明るく見せてくれる効果もありますね。


引用元:https://wear.jp/

 

 

セットアップのパンツスタイルコーディネートがオススメです。色合いは、紺色や濃いグリーンなどシックな方が、パーティー感がなく、オフィスらしさが出ます。綺麗で女性らしさも出るコーディネートができますね。


引用元:https://br.pinterest.com/

 

 

チノパンはヒールと合わせてきれいめのコーデもできるし、フラットシューズでラフなコーデもできるので色んなカラーを持っていると使い勝手がいいです。足首が見えるアンクル丈のベージュのチノパンにヒールを合わせて、トップスをインすると脚が長く見えるのでいいですね。


引用元:https://wear.jp/

 

 

お洗濯も楽チンです。シンプルなカーディガンとパンツは着まわしがきくのでいいですね。ジャケットを着なくてよくても、カーディガンを羽織ることできっちり感を演出できます。脱いだり着たりする事で温度調節もできマルチに利用できます。上下ユニクロで揃えられるのでお財布にも優しいですね。


引用元:https://wear.jp/

 

 

Vネックのカーディガンと、ウエストベルト付きのパンツを組み合わせたコーデがおすすめです。カーディガンはボタンを留めてトップスとして着ることで、今っぽいおしゃれさがプラスされます。ウエストベルトなどアクセントのあるパンツを選ぶと、すっきりと足が細く長く見えます。


引用元:https://wear.jp/

 

 

パンツスタイルにはリブのカットソーと同じ素材のロングカーディガンがおすすめです。ロングカーディガンはお尻のラインや背中など気になるところを隠せるのでいいですね。


引用元:https://zozo.jp/

 

 

ジャケットを使わずにきっちり感を出すなら、トップスはしっかりした生地のブラウスがいいですね。足元はヒールにすることで、パンツスタイルでも女性らしさをアピールできます。


引用元:https://wear.jp/

 

 

ジャケットできっちり決めたいときはこちら。きっちりと決めたい!ジャケットを使ったオフィスカジュアルコーデ18選



スポンサーリンク


スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします