みなさんは、お昼休みの間どのように過ごしていますか?お昼ご飯を食べた後は、同僚とおしゃべりする、携帯を触る、そもそも休む暇がないので仕事…、さまざまな過ごし方がありますね。

 

ですがわたしは、お昼休みにはお昼寝をおすすめします。特に、「休む暇がないので仕事している人」にこそおすすめです。

 

スペインでは「シエスタ」といってお昼寝する文化があるのは有名ですね。だからスペインの人がシエスタするのかは分かりませんが、お昼寝することによって、午後から元気に活動することができます。

 

仕事のパフォーマンスも向上させることができるので、おすすめです。

 


スポンサーリンク

お昼寝がするのがいい理由

脳が冴えて眠気が覚め、仕事に集中できる

お昼休みには昼食をとりますが、そうするとどうしても眠くなってしまいます。これは生理現象なので仕方のないことですが、眠い状態のままだと仕事に集中できません。

コーヒーを飲んだり、ガムをかんで眠気を覚ます人もいますが、これらは一時しのぎにしかなりません。

 

眠いときには、寝てしまうのが一番です。

昼寝は、夜に寝るのと比べ3倍の休息効果があると言われています。

昼寝には夜の睡眠の「3倍もの効果」があるそうです。
労働省の研究によって、15分の仮眠をとったグループはそうでないグループに比べて作業効率がアップすることもわかりました。
昼寝の効果は「1時間の昼寝は、夜の睡眠の3時間分にあたる」と言われています。

「昼寝には夜の睡眠の「3倍もの効果」がある(医療法人 裕心会 いわい中央クリニック)」より引用

 

健康にいい

1時間以内など、短時間の昼寝は、健康にいいことも分かっています。

質の高い昼寝をとることで、記憶力や学習能力の向上 集中力の復活 疲労回復 ストレス解消 精神安定、心臓病やアルツハイマー病のリスクの低下などがあるそうです。
昼寝の時間は「15~20分の間でとること」によりその効果を上げることができます。

「昼寝には夜の睡眠の「3倍もの効果」がある(医療法人 裕心会 いわい中央クリニック)」より引用

 

ただし、長時間の昼寝をしてしまうと、今度は病気のリスクが高まってしまいます。これは、夜に寝られなくなってしまうことが原因です。

 

シエスタ中に長い昼寝をとる習慣がある人では、シエスタでも昼寝をしない人に比べて心筋梗塞や脳梗塞などによる死亡危険率が高くなる。特に昼寝の長さが大事で、昼寝が1時間を超えると死亡危険率が急増し、2時間のグループでは昼寝をしない人の約5倍にまで高まるなどの調査結果がある。

 長すぎる昼寝は認知症の発症率にも関わっている。1時間以上の午睡を取る高齢者ではアルツハイマー病の発症率が死亡危険率と同様に2倍程度にまで高まると報告されている。

「1時間超える昼寝は危険 シエスタは短めに(日経ナショナル ジオグラフィック社)」より引用

 

 

重要なのは、「熟睡をしない」ということです。

 

かの有名なトーマス・エジソンも、毎日昼寝をしていたとのことですが、エジソンは昼寝を以下のようにしていたとのことです。

 

「昼寝の際に硬貨(諸説あり)を握り、意識がなくなって硬貨を落とし、音がなったら目覚めるようにする」

熟睡しないようにするための一工夫ですね。

現代人は、昼寝の前にコーヒーを飲むのがいいでしょう。

カフェインは、飲んでから30分くらいすると効いてきます。

つまり寝る直前にコーヒーを飲み、30分経つとカフェインの効果ですっきり目が覚める、ということです。

 

 

最近ではGoogleなど多くの大企業でも「パワーナップ(power nap)」と称してその効果が注目される「昼寝」。昼寝部屋を導入している企業も多いそうです。

より仕事の効果を上げるためにも、忙しいときこそ、眠気を我慢して仕事をせず、昼寝をしてリラックスするのがいいのではないでしょうか。



スポンサーリンク


Facebook いいね!お願いします



気に入っていただけたら、フォローをお願いします