コンサルタント入門としてもはやおなじみのフレームワークであるMECE(ミーシー、たまにミッシーとも言う)ですが、もちろん、使えるのはコンサルタントだけではありません。

 

マーケティング担当の人が市場分析の際に使用したり、今流行りの「働き方改革」を行う際に、社内の問題点の洗い出しのために使用したりもしますが、自分自身の目標設定に使用することもできます。MECEの使い方をマスターすると、仕事をする上でいろんな場所で役に立ちます。

 

 

※MECEについては、解説している書籍やWebページがたくさんありますが、ここでは、とりあえず「ざっくり」理解できるように、できるだけ簡単なところだけ紹介します。

 


スポンサーリンク

MECEとは、何かの事象に対して網羅的に考えること

そもそもMECEが何か知らない方もいると思うので…
“Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive”の略です。
「漏れがなくダブりがない」という意味です。

 

主にコンサルタント企画、マーケティング担当の人が、市場などの分析に使用するフレームワークです。市場がどのような形であるのかを正確に図示する、というときなどに使います。

 

図でイメージを持たせると、このような形です。

 

 

簡単な例

以下のものはMECEでしょうか?

 

●性別

→これはMECEです
(すみませんが、トランスジェンダーやトランスセクシャルは考慮しないものとします…あくまで身体上、ということで)

 

●年齢層

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代

→これはMECEではありません。10代以下と70代以上が抜けています。

 

●東京から大阪までの移動手段

  • 新幹線
  • 飛行機
  • 自家用車
  • バス
  • LCC

→これはMECEではありません。(青春18きっぷなどを利用した)普通電車のみ、などが抜けているうえに、飛行機とLCCがダブっています。

 

ちなみに、ここだけの話、
「その他」や「それ以上/それ以下」をつけておけば、ほとんどの場合MECEになります…
(20代以下/30代/40代/50代/60代/70代以上)
(新幹線/飛行機/自家用車/バス/その他)

 

なお、日本語1語では「網羅」が一番近いかな?と思います。

 

事象を細分化する際もMECEにする

移動手段の例では、
新幹線→のぞみ、ひかり、こだま など、さらに細かく分けることができます。

 

このとき、細かく分けたものもMECEとなっていることが重要です。

 

例・以下のように右側の列もMECEになっていればよい

 

 

細分化したものは、すべての上位概念を満たしている必要がある

MECEになるように物事を細分化する際に、さらにさらに重要なことがあります。

 

それは、細かく分けたものは、分ける前のすべてのカテゴリーを満たす必要がある、ということです。
簡単にいうと、上の表の右側の部分は、それよりも左側の部分すべてを満たす必要があります。

 

「のぞみ」「ひかり」は”新幹線“であり、”東京から大阪までの移動手段“であるからOKです。

「18きっぷ」は”新幹線“ではないからNGです。

「かがやき」は”新幹線“ですが、“東京から大阪までの移動手段”ではないからNGです。

 

 

まとめ

MECEという言葉を知らなくても、何かを考える際には必然的に網羅的に考える必要があり、取り入れている人も多いと思います。MECEという言葉や概念を理解していれば、さらに役に立つことと思います。

 

 

MECEは、目標設定をするときにも便利なので、ぜひとも使ってみてください。



スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします