ロンシャンのバッグは軽くて大容量、見た目もシンプルかつ上品で、街で見かけることも多いですね。今回はロンシャンのバッグの特徴と、コーデを紹介したいと思います。

 


スポンサーリンク

ロンシャンのバッグの特徴

ロンシャンのバッグには、ほかのブランドにはない特徴があります。一番代表的なものは、なんといっても日本の折り紙から発想を得た、「折り畳み式」ですね。

 

折り畳み可能なナイロン素材

ロンシャンのバッグは、ナイロン素材でできており、とても軽く、しかも折り畳み可能です。

わたしも持っていますが、広げるとこれくらいの大きさです。

 

 

折りたたむとこれくらいの大きさになります。リモコンと比べると一目瞭然です。

 

トートバッグはこのように折り畳むことができます。

 

 

 

おしゃれな馬のロゴ ロンシャン競馬場がブランド名の由来

ロンシャンのバッグには、馬をあしらったチェーンがついているのが特徴ですが、これは競馬の競走馬と騎手をイメージしています。パリにはロンシャン競馬場という競馬場があり、これがブランド名の由来になっています。芝の上を颯爽と美しく走る人馬をイメージしてロゴを作ったそうです。競馬女子必見のUMAJOスポットに行ってきた(東京競馬場)

 

ロンシャンのバッグのコーデ9選 大容量で通勤用にも余裕

ロンシャンのLサイズのバッグは、A4サイズの書類が余裕で入り、またバッグ自体が軽いのでオススメです。特にネイビーのカラーであれば、どんな色の服装にも合い、仕事用に使っても落ち着いた色なので、いい印象を与えられますね。

 

スカート+ロンシャン

ベージュのトレンチコートに肌馴染みのいいヒールでキチンと感を出したコーデです。

引用元:https://wear.jp/

 

 

トップスは黒か白のブラウスかニットでシンプルにまとめて、ボトムスはふんわりしたフレアスカートが可愛いです。オフィスカジュアル(スカートスタイル)はこちら


引用元:https://wear.jp/

 

こちらはグレー+白です。同じ種類の服でも違う組み合わせで着回すことで、違った印象を与えられます。


引用元:https://wear.jp/

 

柄物だったり、派手な色だったり、どんなコーディネートでもきれいにマッチしてくれます。

引用元:https://wear.jp

 

引用元:https://wear.jp

 

引用元:https://wear.jp/

 

 

パンツ+ロンシャン

白いシャツにスラックスやチノパンというシンプルでキレイ目なコーデです。ロンシャン定番のLサイズのネイビーや黒などのシックな色合いのバッグを合わせるととてもかっこよくなります。

 

全部単色で飾り気のないシンプルなアイテムを合わせることによって統一感が出ておしゃれに見えます。オフィスなどで活躍できるコーディネートでおすすめです。オフィスカジュアル(パンツスタイル)はこちら


引用元:https://wear.jp/

 

同じモノトーンの組み合わせですが、こちらは白のTシャツやニットに黒のスキニージーンズ、黒のハイヒールと、よりシンプルな服装です。プライベートで、頑張りすぎたくないけどおしゃれに見せたい日に、ちょうどいいコーディネートです。


引用元:https://wear.jp/

ちなみに、このモノトーンコーデでバッグの色を赤など目立つ色にすると、差し色になってこなれて見えます。おしゃれさんは、リップの色もバッグと同じ色にして統一感を出していますね。

 

 

 

流行りのワイドパンツに合わせるととても可愛いです。会社でもプライベートでもキレイ目で、流行を取り入れたいオシャレさんにもおすすめコーデです。プライベートにもそのまま遊びに行けます。Gジャンに合わせてもよさそうですね。

引用元:https://wear.jp/

あまり物を持ち歩かない方であれば、Sサイズのバッグ(ハンドバッグのサイズ)がいいですね。Sサイズは、小柄な方でも浮いてしまうことがないのでおススメです。

 

 

 

仕事にプライベートに大活躍のロンシャンのバッグ、物がたくさん入るので、PCを持ち運ぶのにも役立ちます。ノートパソコンの選び方。持ち歩きやすいサイズは13.5インチ以下

ぜひ試してみてください。



スポンサーリンク


スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします