現在、ほとんどの日本人がコミュニケーションツールとして使用しているラインですが、実はメモ帳やToDoリストとして使用している人も多いです。

なぜなら、「ラインに書くと忘れないから」です。

この記事では、ラインメモ帳のメリットや作り方を説明します。今までこのような使い方をしなかった人も、今すぐ始められるので、ぜひ試してみてください。

 


スポンサーリンク

ラインをメモ帳(ToDoリスト)代わりにすることと、そのメリット

ラインの、自分だけが見れる場所に、やることなどのメモを書いていきます。具体的には、「自分1人だけのトークルームを作成し、やることをメモしていく」方法です。

この方法は、普通のメモ帳や手帳などと比べ、以下のようなメリットが得られます。

  • よく見るのですぐに目にとまる
  • 複数のメモを並べられる
  • 日付けがわかる
  • すぐ消せる

 

よく見るのですぐに目にとまる

自分だけのグループにメモを記すと、それが履歴の上に表示されるようになります。この履歴が目に入ると、自分のメモやToDoを思い出させてくれます。

※画像はPC版ですが、もちろんスマホ版も同様です。

 

よくも悪くも、現代人はスマホを手にしている時間がものすごく長いです。特に多くの人がラインを開きます。これを利用し、「よく見るラインに、必要なことをメモする」ようにしましょう。

 

複数のToDoやメモを並べられる

トークルームのメモでも、複数のToDoやメモを並べることができます。そのため、複数のメモを見比べるのに役に立ちます。

※画像は、過去の記事を作成する際のメモです。前者は「わかりやすい文章の書き方 メールやブログ記事の構成にはテンプレートを用意。」、後者はこの記事です。僕はこのように使っています。

 

日付けがわかる

ラインでは、投稿日を表示してくれます。そのため、それぞれのToDoやメモを「いつ書いたか」ということが分かります。

 

すぐ消せる

終わったToDoはトーク履歴から削除しましょう。そうすると、残ったものだけをやればよい、ということが分かりやすくなります。

 

ToDoリスト(1人トークルーム)の作り方

普通のトークルームの作り方と全く同じです。今更説明するまでもありませんが、一応解説します(僕はたまに迷うことがあるので…)

 

「友だち」画面で、”友だち追加”アイコンをクリック

 

「グループ作成」をクリック

 

メモ帳用のグループを作成する

グループ名に好きな名前を入力して、”保存”をクリックします。メンバーは0人でOKです。

 

グループが作成されたことを確認する

しっかり、1人だけのグループが作成されていますね。

トークルームを開くとまっさらです。ここにToDoをメモしていきます。

 

まとめ

「現代日本人は1日のうち多くの時間をラインに費やしている」ことを利用したメモ帳です。これを使うと、うっかり忘れてしまうことが少なくなるかもしれません。



スポンサーリンク


Facebook いいね!お願いします



気に入っていただけたら、フォローをお願いします