こんにちは。

わたしはずっとお酒が好きなのですが、最近は特にいろんなお酒を飲んでいます。
「たくのみ」というアニメに影響されています。

「たくのみ」について簡単に説明すると、
裏サンデー/MangaONEで連載中の火野 遥人作の作品で、女性専用のシェアハウスに新しく入居した主人公が、住人と楽しく宅飲みをする、という漫画です。
現在、アニメも放送中です。

このアニメに影響されて、作中で紹介されたお酒を実際に飲んでみました。
今回飲んだのは、「キティ」です。


スポンサーリンク

キティとは

「キティは、赤ワインをベースとするカクテルであり、冷たいタイプのロングドリンク(ロングカクテル)に分類される。
カクテル名のキティとは、英語圏の女性の名前キャサリンの愛称、または、英語圏の幼児語で子猫のこと。」
とのことです(Wikipediaより)

赤ワインをジンジャーエールで割ったカクテルが、キティです。
基本的には、赤ワインとジンジャーエールを1:1で割ります。

キティの作り方

赤ワインをジンジャーエールで割るだけです。簡単ですね笑
個人的には、赤ワインは安いワンコインのものでいいと思います。

理由は、ジンジャーエールの味がメインになるからです。

そもそも、あまり高いと割るのがもったいない笑
上でも書いたように、基本的には1:1で割ります。
ただし、個人的にはもう少しジンジャーエールを多くしてもいいと思います。

わたしは、以下のように赤ワインとジンジャーエールの比率を3パターン試してみました。
2:1
1:1
1:2 です。
あくまで個人の感想ですが、
1:2が一番おいしいです。

赤ワインは元々アルコール度数が高く、11~14度あります。
14度の赤ワインの場合、1:1で割ったとしても、まだ7度分あり、やや強いカクテル、くらいの度数になります。

1:2くらいにすると4度分くらいになり、ちょうどアルコールが弱めの甘いカクテルくらいになります。
これくらいだと甘くておいしいです。
イオンの500円のワインに、イオンのトップバリュの100円のジンジャーエール、合計600円でおいしいお酒が楽しめます。
何より安い!

おつまみにはチーズがよく合います。
アニメのシーンでもありましたが、クラッカーの上にチーズをのせて食べると、本当においしいです。

なお、2:1だと赤ワインがきついです。
1:1でもまだアルコール度数が高いので、苦手な方は苦手かもしれません。
強いお酒が苦手な方は、ジンジャーエールの比率を高くすると、おいしく飲めると思います。

安く手軽に飲むことができるので、ぜひ試してみてください。



スポンサーリンク


Facebook いいね!お願いします



気に入っていただけたら、フォローをお願いします