赤ワインはそのまま飲むと渋くて苦手な方も多いと思いますが、赤ワインも、ジンやウォッカのようにいろんな飲み物で割って飲むことができます。

今回は、手軽に作れて、赤ワインが甘くておいしくなる「キティ」を紹介したいと思います。

 


スポンサーリンク

キティとは

「キティは、赤ワインをベースとするカクテルであり、冷たいタイプのロングドリンク(ロングカクテル)に分類される。
カクテル名のキティとは、英語圏の女性の名前キャサリンの愛称、または、英語圏の幼児語で子猫のこと。」(Wikipediaより)

 

赤ワインをジンジャーエールで割ったカクテルが、キティです。
基本的には、赤ワインとジンジャーエールを1:1で割ります。

 

キティの作り方

赤ワインをジンジャーエールで割るだけです。簡単です。上でも書いたように、基本的には1:1で割ります。

 

使う赤ワインはなんでもいいですが、個人的には、赤ワインは安いワンコインのものでいいと思います。理由は、ジンジャーエールの味がメインになり、赤ワインの風味が抑えられるからです。そもそも、あまり高いと割るのがもったいないですね笑

 

 

赤ワイン:ジンジャーエール = 1:2 がおすすめ

わたしのおすすめは、ジンジャーエールの比率を多くすることです。

 

以下のように赤ワインとジンジャーエールの比率を3パターン試してみました。
2:1
1:1
1:2

 

飲んでみた感想としては、1:2が一番おいしいです。

 

赤ワインのアルコール度数が高いので、割ればちょうどよくなる

赤ワインは元々アルコール度数が高く、11~14度あります。
14度の赤ワインの場合、1:1で割ったとしても、まだ7度分あり、やや強いカクテル、くらいの度数になります。

 

ところが、1:2くらいにすると4度分くらいになり、ちょうどアルコールが弱めの甘いカクテルくらいになります。

アルコール度数が4度だと、お酒が苦手な方にとってもおいしく感じますね。

 

イオンの500円のワインに、イオンのトップバリュの100円のジンジャーエール、合計600円でおいしいお酒が楽しめます。

キティに合うおつまみ

おつまみにはチーズがよく合います。クラッカーの上にチーズをのせて食べると、本当においしいです。

このほかにも、生ハムプロシュートといった、洋風のおつまみがよく合います。

 

お肉やソーセージといった肉々しいおつまみの場合は、赤ワインの比率を高くするといいかもしれません。2:1だと赤ワインがきついですが、味の濃いおつまみだとちょうどいいかもしれません。

 

まとめ

赤ワインは渋くて苦手だと感じる方も、ジンジャーエールで割ることで、甘くておいしいお酒になります。ジンジャーエールを多くしてあげると、特に飲みやすくなるので、自分に合った比率で試してみてください。

 

安く手軽に飲むことができるので、今晩のお酒にいかがでしょうか?



スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします