旅行先の食事や観光を豪華なものにするために、宿泊費を少しでも安くしたい…という方は、格安のビジネスホテルや、もっと安いゲストハウスを選ぶかと思います。

 

ですが、今回おすすめしたいのは、「ラブホテル」です。

 

カップルが2人だけの時間を過ごすための部屋で、旅行先の宿泊のイメージはあまりないかと思いますが、実はたくさんのメリットがあります。

 

 


スポンサーリンク

旅行でラブホテルを使うメリット

メリットは、なんといっても、同程度の価格でビジネスホテルよりも豪華な設備がある、ということです。

 

シティホテルやビジネスホテルと比べ、安く泊まれる

ラブホテルの宿泊は、ホテルや部屋のタイプにもよりますが、12,000円前後で泊まれるところも多いです。
安いところでは、10,000円を切るところもあります。

 

しかもこの料金は、部屋の料金なので、カップルの旅行であれば一人あたり5,000円で済みます。

 

この価格は、シティホテルに比べるとだいぶ安く、ビジネスホテルと同等の価格です。しかも設備はビジネスホテルと比べるとはるかに充実しているため、非常にお得といえます。

 

設備、アメニティが充実してる

ラブホテルには広い風呂や豪華なベッドがあり、またたくさんの種類の入浴剤、乳液や化粧水など、アメニティが非常に充実しています。

特に、格安のビジネスホテルにはリンスインシャンプーしかなく、髪の毛がパサパサになることもありますが、充実したシャンプー・コンディショナー・トリートメントがあれば、翌日も快適に過ごせること間違いなしです。

 

 

繁華街の近くにある

ラブホテルは、都市の繁華街の一角に集中していることが多く、例えば札幌ならすすきの、福岡なら中洲に集中しています。そのため、繁華街で食べ歩いたあと、飲み歩いたあとにそのままホテルに直行できるので便利です。

 

予約しなくても宿泊できる

ラブホテルは基本的に予約制ではありません。自分の好きな場所で、好きなタイミングで泊まれるので便利です。

 

カップルの仲が深まる

旅先という非日常、そして広くてきれいな部屋。いいムードの中で、彼氏と楽しい夜を過ごせるのではないでしょうか…?

 

 

もちろん一人でも泊まれます。また、女子旅でも使えます

最近は一人での宿泊や、3人以上の女性グループで宿泊可能なところも多いです。「ラブホ女子会」などの名称でキャンペーンを行っているところも多いですね。

 

一人旅や女子旅にも、ぜひ使ってみてください。

 

 

ラブホテルのデメリット

ここまでメリットを説明しましたが、デメリットもあります。メリットとデメリットの両方を考えて、旅行に使うかどうか考えてみてください。

 

全く無いか、郊外にしかない都市もある

ラブホは風営法の影響を受けたり、また景観を壊すとの理由で、ラブホテル自体がないか、郊外にしかない都市もあります。
旅行先でラブホテルを使う際は、その都市のどのあたりにあるか、事前に調べておくといいでしょう。

 

 

チェックイン可能な時間に制限がある

ラブホテルには、休憩、昼間フリープラン、宿泊などさまざまなプランがありますが、宿泊可能になるのは21時以降であることが多いです。

疲れて早めに泊まりたくても、チェックインできないので注意してください。
※17時や19時など、早く泊まれるところもあるので調べてみてください。

 

 

連泊はできない

ラブホテルは連泊ができないので、1日おきにチェックインする必要があります。逆に、1日ごとに部屋を変えられるのも、気分を変えられるということでメリットになるのではないでしょうか?

 

 

まとめ

格安旅行をするなら、宿泊費は少しでも抑えたいところです。ラブホテルは意外にも普通の宿泊にも使えるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

航空券を少しでも安くしたい場合は、LCCはいかがでしょうか?



スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします