シャンプー後のドライヤーはほとんどの方が使うと思いますが、あなたは普段ドライヤーについている冷風を使っていますか?

特にロングヘアーの方であれば、早く乾かしたいという理由で温風ばかりを使っているという人も多いのではないでしょうか。

確かに髪の毛を早く乾かすには温風が良いですが、実はドライヤーの冷風を使うことには髪の毛に嬉しい様々なメリットがあるのです。

今回はそのメリットと、実際にどのようにすればメリットを最大限に発揮した冷風の使い方ができるのかご紹介します。

もし普段ドライヤーは温風しか使っていないのなら、ぜひこの記事を読んだ今日から冷風を使ってみてくださいね。


スポンサーリンク

ドライヤーの冷風を使うメリット

それでは早速、冷風を使うメリットについてみていきましょう。

大きく4つ、以下のようなメリットがあります。

  • 髪の毛が傷みにくくなる
  • 髪の毛に艶が出る
  • くせが落ち着く
  • 寝ぐせがつきにくい

髪の毛が傷みにくくなる

ドライヤーの冷風は、当たり前ですが熱を持っていません。そのため、髪の毛が傷むことはありません。

「だからといって、冷風だけだと髪の乾きが遅すぎる!」

確かにその通りです。ですがそんな時は、温風で乾かした後に、熱を冷ますように冷風を当ててみてください。それだけで髪の毛にある熱は冷めて、髪が傷みにくくなるのです。

さらに冷風を当てることで、髪の毛の表面にあるキューティクルを閉じることもできるので乾燥対策にもなります。

髪の毛に艶が出る

髪の毛のキューティクルが開いた状態は、髪の表面がざらざらした状態です。

しかし冷風でキューティクルを整えてあげると、ざらつきが落ち着き艶のある髪に導いてくれます。

髪の毛に冷風を当てるだけで、艶が出るなんてかなり驚きですよね。そして髪の毛の絡まりも抑えてくれるので、クシの通りもよくなるでしょう。

くせが落ち着く

ドライヤーの冷風は、髪の毛の癖をも落ち着かせてくれます。

髪の癖というのは熱が冷める時に付くと言われています。鉄と同じように、熱されると柔らかくなり整えやすく、冷めると固まって整えにくくなります。

この原理を利用し、温風でブローしストレートにした後に固定するように冷風を当てると髪のうねりを抑えることができるんです。

ちなみにストレートアイロンやコテなどで巻いた髪に、仕上げに冷風を当ててあげるのもおすすめです。

次に日の寝癖が付きにくい

お風呂上がりに温風を当てたまま、ベットに横になると次の日寝癖がすごいことになっている!といった経験がある人もいるのではないでしょうか?

実はこちらも先ほどの原理と一緒で、冷風を当てると翌日の寝癖を抑えることができるんです。

これは実際に試してみるとすぐに実感できることなので、ぜひ試してみてください。

ドライヤーの冷風を実際に効果的に使う方法

ドライヤー

ドライヤーの冷風には、たくさんのメリットがあることがわかりました。

しかし実際にどのように使えば、そのメリットを最大限に発揮することができるのでしょうか?

冷風の効果を最大限に発揮するコツを、ご紹介します。

温風からしっかりセットする

ドライヤーの冷風の効果を最大限に発揮するコツとしては、まず温風を当てる時から気を付けておかなければなりません。

ブローをするのが一番良いですが、なかなか忙しくて毎日続けることができないという方も多いと思います。

そんな方は頭の上から乾かしてみましょう。実はこれだけで、髪の毛のボリュームを抑えることができます。

特に前髪は下から当てると、短い方は浮いてしまったり形がおかしくなるので、必ず温風は上から当てましょう。

冷風は毛先をつかんで当てる

温風で髪が乾いたら、いよいよ冷風を当てていきましょう。

ストレートヘアーの場合、冷風は指と指で毛先を掴むようにして、ひっぱりながら当てていくのがポイントです。

そうすることにより、髪の毛が素直にまっすぐと伸びてくれます。この時、温風と同様に上から当てるようにしましょう。

パーマをかけている方は、伸ばすことはできませんのであまり強くない風量にします。カールが取れないように優しく冷風を当てると艶ができて美しいカールを作ることができます。

ヘアトリートメントをつけるタイミングに注意する

ドライヤーは日々の積み重ねで、髪の毛にダメージを与えてしまいます。そのため、できれば洗い流さないトリートメントを使用することをおすすめします。

トリートメントをつけるタイミングとしては、温風を当てる前です。冷風の後に当てると、癖がつくので気を付けましょう。

洗い流さないトリートメントは美容院で買っても良いですが、最近では市販のものでも質の良いトリートメントがそろっています。

関連記事

まとめ

ドライヤーの冷風は髪の毛にとって、様々な嬉しい効果を発揮してくれます。つい温風だけを使ってしまいがちですが、ほとんどのドライヤーで冷風は付いているので、その効果を実感してみてはいかがでしょうか?

きっとあなたの髪を今以上に美しい髪に、導いてくれるはずですよ。

髪がきれいな人になろう!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

こちらもおすすめ!人気記事