カクテルは甘くておいしいものも多いですが、甘いものが苦手な方や、ダイエット中で甘いものは控えている、糖質制限している、という方もいらっしゃいますよね。

今回は、とことんスッキリ、とことんさっぱり。カロリー控えめ、糖質低めなカクテル、ジンリッキーの作り方や、アレンジ方法をまとめてみました。


スポンサーリンク

ジンリッキーとは、ジンを炭酸水で割り、ライムを絞ったカクテル

ジン+炭酸水+ライムのカクテル ジンリッキー

ジンリッキーとは、ライムを絞り、ジンを炭酸水で割ったカクテルです。とてもシンプルなジンリッキーですが、その特徴はこちら。

ジンリッキーの特徴:

  • スッキリ、さっぱりとした味わい
  • 他のカクテルに比べて糖質が低い

ジンリッキーの糖質は、ライムの糖質のみ(炭酸水は糖質ゼロのものを使用した場合)。ライムの糖質は100gあたり約1.7gと言われているため、ダイエット中の方でも気分転換に飲めちゃうカクテルなんです。

ビールの糖質は100gあたり約10.5gなので、ジンリッキーはかなり糖質が低いことになります。

甘味はほとんどなく、ライムの酸味と炭酸水の爽快感がクセになる辛口なカクテルで、ジン・トニックや、ジン・バックだと甘すぎる…、という方にオススメです。スッキリさっぱりとしているため、食事にとてもよく合うカクテルです。

ちなみに、ジンリッキーの「リッキー」とは、蒸留酒(ジンなど)にライムを絞り、炭酸水で割ったカクテルという意味。なので、ライムを絞りウォッカを炭酸水で割るとウォッカ・リッキーになり、ライムを絞りラムを炭酸水で割るとラム・リッキーとなります。

ジンリッキーの作り方

用意するもの

  • ジン
  • ライム(ライムジュースでも可)
  • 炭酸水(無糖)
  • グラス
  • マドラー(混ぜられるものならスプーンなどでも可)

ジンの指定は特にありません。お好みのジンを使用してください。スーパーでだいたい700mlくらい入って、900円程度で購入できます。筆者は、コンビニでも買える安いジンの代表、ギルビー ジンを使います。

ギルビー ジン

フレッシュライムは1つ200円程度。絞るのが面倒な方は、スーパーのお酒コーナーに置いているライムジュースやライム汁でもOKです。

このライム汁はカルディに売っていました。このサイズで約400円。

ジンリッキーの材料のライム汁

炭酸水は、無糖であれば何でもOKです。強めの炭酸がお好きな方は強炭酸水でももちろんOK。

ジンリッキーの材料の炭酸水

冷えているとよりおいしさが増すので、氷はあった方がいいですね。かち割り氷はスーパーで約1kg200円程度。かち割り氷よりも溶けやすくなりますが、家庭の冷凍庫でできる製氷機の氷でも十分楽しめます。

ジンリッキーのレシピ

  • ジン 45ml
  • ライム 1/6個(ライムジュース、ライム汁の場合は10ml)
  • 炭酸水 適量

ジンリッキーの作り方

  1. グラスにたっぷりと氷を入れる。
  2. ジンを45ml入れ、よく混ぜる。
  3. ライム1/6個を絞り、絞ったライムをそのままグラスに入れる。(ライムジュース、ライム汁の場合は10ml入れる。)
  4. 炭酸水をゆっくりとグラス8分目まで注ぐ。
  5. 下から持ち上げるように縦に1回混ぜる。

ジンリッキーの作り方(簡易版)

  1. ジンと炭酸水を1:4で割る
  2. ライムジュースを適量入れる

    筆者は、ジンとライム汁の量をこれくらいにしました。ライム汁を結構多めに入れています。

    ジンとライム汁を入れた状態のグラス

    フレッシュライムを使用する場合、あまり力強く絞り過ぎると、皮の苦味が出てくるので注意が必要です。また、カットしたフレッシュライムの白い部分を切り落としてから絞ると、より苦味が入りにくいです。

    絞ったライムをグラスの中に入れたまま、さらにマドラーで潰す方法もあります。絞ったライムは、そのまま飲んでも、取り除いてしまってもOK。こちらもお好みの方法を選んでください。

    ちなみに、「ライムジュースが売っていない!」という方へ。

    昔の日本ではライムがなかなか手に入らなかったため、ジン・リッキーを作る時に、ライムの代わりにレモンを使用していたそうです。

    ライムの代わりにフレッシュレモンやレモン汁を使用してもいいかもしれません。

    ジンリッキーの味

    家で作ったジンリッキー

    最終的にできあがったジンリッキーがこちらです。味はとてもさっぱりしています。ライムの味が若干感じられますが、基本的には炭酸水の味です。

    「ジンのソーダ割りをちょっと酸っぱくしてみました」という感じの味です。甘くなく、ライムの風味が感じられるので、甘ったるくなく、スッキリしたお酒が飲みたい、という方にぴったりです。

    また、「ジンのソーダ割りは味がきつい」という方にも、ライムの味でジンのきつさがやわらげられているのでおすすめです。

    ジンリッキーにおすすめのおつまみ

    この投稿をInstagramで見る

    🌈皆様おはようございます🧚🏻‍♀️ ☔遂に大阪も梅雨入りしましたね👀 🤔当分雨の日が続きますが、本日は‥🤔 🦃よだれ鶏をご紹介致します🦃 🔥ネギと生姜で蒸した鶏に辛味の効いた自家製旨辛ダレをたっぷりのせた一品です🔥 💚ジンリッキーもご一緒に!さっぱり爽快です💚 🍻お酒も進むこと間違いナシ🍻 😆湿気もジメジメも吹き飛ばしちゃいましょう😆 🍹OPEN 11:00 🔜 お茶のみのご利用もOKです🌻 ✨それでは本日も皆様とお会い出来るのを楽しみにしています✨ https://www.rbf-osaka.com/aura/ #アウラ #AURA #カフェめぐり #枚方tsite #女子会 #大阪カフェ #枚方カフェ #関西カフェ #テラス席 #夜景 #カクテル #フルーツカクテル #ハイボール #ウィスキー #ジンリッキー #よだれ鶏 #masaka #bein #枚方 #ランチ #スイーツ #枚方グルメ #エビスブラウンマイスター #フレンチトーストランチ #デザートフレンチトースト #カレープレート #タコライス #ハンドドリップコーヒー #コロナ対策 #営業できる幸せ

    kitchen&bar AURA(@aura_________)がシェアした投稿 –

    スッキリ、さっぱりとしたジンリッキーには、お刺身や魚料理など、さっぱりとした食べ物はもちろん、油っこいものや、味の濃いもの、こってりしたもの、お肉料理なんかも抜群に合います。

    甘味のないカクテルだからこそ、あえてフルーツと一緒に食べて甘味を足してみるのもおいしいと思います。さっぱりした味の分、何にでも合う万能カクテルです。

    まとめ

    スッキリ、さっぱり辛口大人カクテル、ジンリッキーは、ジンの香りを存分に楽しめるため、ジン好きの方にはたまらないカクテルです。「ジンのソーダ割りにライムを足すだけ」という手軽さもいいですね。

    爽快感抜群で、低糖質なので、暑い夏の日にスカッと飲めます。ダイエット中の方にもオススメです!

    その他のジンベースのカクテル


    スポンサーリンク


    スポンサーリンク

    こちらもおすすめ!人気記事