ジンベースのカクテルはとても多く、マティーニやギムレットなど、本格的な道具を使用し、お酒でお酒を割ったアルコール度数が高いものも数多く存在します。

ですが、今回は「自宅で簡単にできる」をテーマに、ジンで作ったカクテルを5つ紹介したいと思います。簡単に作れて、アルコール度数を自分で加減しやすく、本格的な道具も必要ない。どれも自宅で手軽に飲むにはぴったりのお酒です。


スポンサーリンク

ジントニック(ジン+トニックウォーター)

ジントニック

居酒屋でも定番メニューな、ジントニックです。

ジンベースのカクテルの中で最もポピュラーと言えるカクテル、ジントニックですが、「そもそもトニックって何?」という方もいるかもしれません。

ジントニックの「トニック」とは、トニックウォーターのことです。ジンをトニックウォーターで割ったので、ジントニック。とてもシンプルですね。

スッキリ、さっぱりとした味わいの中に、ほのかな甘味と柑橘類の苦味を感じるため、苦味が決め手の大人カクテルです。スッキリ、さっぱりしたい時や、柑橘類の苦味がお好きな方にオススメです。

なお「トニックウォーター」は、カルディや成城石井で売っているほか、イオンなどの大型スーパーに置いてある場合もあります。

ジントニックについてはこちら

ジンバック(ジン+ジンジャーエール+レモンジュース)

ジンバックの由来である、鹿

バーや居酒屋でも定番のジン・バックはジンにレモンジュースを入れ、ジンジャーエールで割ったカクテルでジンジャーエールの清涼感とほどよい甘みがジンにマッチし、レモンジュースの酸味が良いアクセントになっていてとても飲みやすいです。

お酒の弱い方や、ジンが少し苦手な方にオススメなカクテルです。ジンもジンジャーエールも、いろんな場所で売っているので作りやすいですね。

ちなみに、ジンバックの別名をロンドン・バック、マミーズ・シスターとも言います。

ジンバックについてはこちら

ブラッディーサム(ジン+トマトジュース)

ジンをトマトジュースで割ったカクテル ブラッディサム

ブラッディーサムは、ジンをトマトジュースで割ったカクテル。

トマトジュースのカクテルは、「ビール + トマトジュース」のレッドアイや、「ウォッカ + トマトジュース」のブラッディメアリー(もしくはブラッディマリー)が有名ですが、ジンをトマトジュースで割ることもできます。

とてもアレンジ方法が豊富なカクテルで、王道のアレンジ方法はブラックペッパーや、塩、タバスコ、レモンを入れたもの。基本的にはトマトジュースの味ですが、ジンが混ざることにより普通にトマトジュースを飲むよりも飲みやすいです。オリジナルアレンジを作り出したい方や、健康が気になる方にオススメ。

ブラッディーサムについてはこちら

ジンリッキー(ジン+炭酸水+ライム)

ジン+炭酸水+ライムのカクテル ジンリッキー

とことんスッキリ、とことんさっぱりなジンリッキーは、ライムを絞り、ジンを炭酸水で割ったカクテル。

甘味はほとんどなく、ライムの酸味と炭酸水の爽快感がクセになる辛口なカクテルで、食事にとても良く合います。甘いものが苦手な方や、スッキリさっぱりしたい方にオススメで、低カロリー、低糖質なのでダイエット中の方の強い味方です。

ジンリッキーについてはこちら

オレンジ・ブロッサム(ジン+オレンジジュース)

ジンをオレンジジュースで割ったカクテル オレンジブロッサム

甘くてスッキリ、フルーティなオレンジ・ブロッサムは、ジンをオレンジジュースで割った、シンプルで自宅でも作りやすいカクテル。

スッキリしているけれど甘みもあり、ジンベースのカクテルの中でも飲みやすいカクテルで、女性に人気があります。甘くてフルーティな味わいが好きな方にオススメです。

ジンリッキーについてはこちら

まとめ

ジンベースのカクテルはとてもおいしいものばかり。手軽に自宅で作れるのは嬉しいですね。

今回紹介した「ジンベースのカクテル」を改めて紹介します。

ジンに混ぜるものカクテル名
トニックウォータージントニック
ジンジャーエールとレモンジュースジンバック
トマトジュースブラッディサム
炭酸水とライムジンリッキー
オレンジジュースオレンジブロッサム

これ以外にも、ジンを何かで割ることで、さまざまなカクテルができます。オリジナルカクテルを作ってみるのもいいかもしれません。



スポンサーリンク


スポンサーリンク

こちらもおすすめ!人気記事