靴を脱いだときに襲ってくるニオイ…足の臭いでお困りの方、その足の臭いは細菌が原因かもしれません。細菌によって足の臭いが発生する原因と、対策について紹介したいと思います。

 


スポンサーリンク

足の細菌とは 足が臭う原因

人間の皮膚には、もともと目に見えない細菌がたくさんあります。

この細菌は、わたしたちの皮膚を健康に保つ為にはなくてはならない存在で、劣化した皮膚や皮脂を食べたり、皮膚を守る働きのある物質を作ってくれるそうです。

ただし、その「皮膚を守る物質」は悪臭を放つ物質でもあります。細菌が増えると、それに伴って悪臭を放つ物質も増えていってしまいます。

普通の状態より細菌が増えてしまう原因は、温度と湿度にあります。

 

雑菌は私たちの皮脂や垢を餌として生きていますが、高温多湿の状態を好むという特徴があります。靴や靴下に覆われていることが多く、さらに汗と体温によって高温多湿状態になりやすい足は、まさに雑菌たちが繁殖しやすい場所なのです。
出典元:気になる足の臭いの原因は?対策方法は“靴の消臭”がポイント!|くらしとアロマ

皮膚の菌に限らず、菌類は高温多湿を好みます。キノコが高温多湿の場所にたくさん生えているのと同じです。足の裏には、ほかの場所よりも汗をかきやすく、とても湿っぽいです。さらに、長時間靴を履いていることにより通気性が悪くなっているため、細菌がたくさん繁殖してしまいます。そのため、足が臭くなってしまうのです。

 

雑菌の繁殖を防ぎ、足の臭いを抑える方法

次に、足の臭いを軽減する方法を紹介します。これらを行うことによって、足の臭いの原因菌は繁殖しにくくなります。

 

  • 足を清潔にする
  • 靴下をこまめに交換する
  • 靴を干す

 

足を清潔にする

皮膚の細菌は、古くなった皮膚や皮脂をエサにしています。足の皮脂や角質をキレイに洗うことで、細菌のエサがなくなります。

  • 垢を落とす
    皮膚の垢だけではなく、爪の隙間にある垢もきれいに落としましょう。

  • 足の裏の角質を落とす
    足の裏、とくにかかとは、古い角質でカチカチになっています。以下のようなものできれいにするといいかもしれません。

 

 

靴下をこまめに交換する

菌は、靴下や靴の中でも繁殖してしまいます。特に夏は汗をかきやすいので、靴下で蒸れた足がすぐに臭いを放ってしまいます。ストッキングの場合はさらに蒸れやすいです。

ならば、こまめに交換しましょう。特に長時間の外出など1日中歩き回る際は、休憩中にでもこまめに履き替えると、臭いが抑えられるかと思います。その際には除菌シートやキレイなタオルで足をふき取ると、さらに効果的ですね。使用した靴下はしっかり洗濯しましょう。

 

 

パンプスを裸足で履くのはNG

ちなみに、パンプスを裸足で履くのはNGです!汗が直接パンプスについてしまい、細菌の繁殖が加速してしまいます。何より周りの人に不潔な印象を与えてしまいます。ストッキングは必ず履きましょう。

 

靴をメンテナンスする

毎日同じ靴を履き続けると、菌がすぐに繁殖してしまいます。何足かをローテーションさせ、使わないときはしっかりメンテナンスしましょう。

 

靴を脱いだ後は、消臭・殺菌スプレーをして、乾燥剤を入れます。乾燥剤は抗菌作用があるので、においの原因となる雑菌を寄せつけません。数日経過したら、乾燥剤を除き、シューズキーパーをはめます。シューズキーパーは、木製のタイプが理想です。靴の型くずれを防ぐと同時に、湿気やにおいを吸収して靴を清潔に保ってくれます。

靴のメンテナンスは、少なくとも2日間は必要です。靴は1日履いたら2日間は休ませることが必要です。そのため、靴は3足ほど用意しておき、それらをローテーションして履くように心がけましょう。
出典元:気になる足の臭いの原因と対策「諦めたくないあなたが最後に読むべき記事|靴下専門店 Tabio (タビオ)

 

まとめ

足の臭いの原因は、皮膚に存在する細菌の過剰繁殖によるものでした。
菌が好む多湿(=汗)が増えないように、菌のエサ(古い皮膚)が増えないように、足や靴下、靴をきれいに保ちましょう。

 

ちなみに、足の臭いが改善されないときは、疲労や病気の可能性があります。いつまでも臭いが気になる場合は、皮膚科で相談したほうがいいかもしれません。

 

 

この記事を読んでいただければ、「パンツスーツでストッキングが必要な理由」がお分かりいただけたかと思います。ストッキングは特に蒸れやすいので、しっかり対策しましょう。

 

汗の対策については、以下にも記載しておりますので、合わせてご覧ください。



スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします