30代を過ぎたころから、お肌のたるみが気になる人が増えてきます。特に女性にとっては、顔のたるみ、ほうれい線などが非常に気になるところでしょう。

しかし世の中には年齢を重ねてもお肌にたるみのない女性もいます。お肌がたるむ人とたるまない人の差は何でしょうか?


スポンサーリンク

お肌のたるみの原因

お肌のたるみの原因

お肌のたるみに関してはいくつかの原因が考えられますが、原因は大きく分けて2つあります。

お肌のたるみの原因:

  • 表情筋の衰えと頭皮のコリ
  • お肌の水分量とコラーゲンの衰退

    表情筋の衰えと頭皮のコリが原因

    お肌のたるみの原因の1つ目は、表情筋の衰えです。

    年齢を重ねるごとに、表情を大きく変えるような機会は少なくなります。子どもの頃はちょっとしたことで驚いたり、怒ったり、泣いたり、笑ったりと表情を変える機会が多く、必然的に表情筋を使うことも多かったかと思います。ですが、大人になるにつれ表情筋を使う機会が減少することにより、表情筋が衰えてしまいます。

    また、頭皮のコリも表情筋の衰えを助長しているといわれています。頭皮が凝ったり、首の筋肉が凝ったりすると、顔の周辺の筋肉が固まることになります。その影響が表情筋にも及び、表情筋を動かしにくくなります。結果顔のお肌がたるみやすくなってしまいます。

    お肌の水分量とコラーゲンの衰退

    もうひとつお肌のたるみの原因となるのが、お肌の水分量やコラーゲンの衰退です。

    加齢とともにお肌の水分やコラーゲンは確実に減少します。これは細胞間にある水分をキープするための細胞間脂質が減少するためで、ある意味避けられない現象といえます。水分量やコラーゲンの減少は30代から始まり、加齢とともにどんどん症状は進んでいきます。

    また、お肌表面のバリア機能にも注目です。お肌が荒れたり乾燥したりしているときは、このバリア機能が低下しています。バリア機能が低下すると、肌内部の水分が外に出やすくなってしまい、肌荒れ、たるみを助長する結果につながってしまいます。

    お肌のたるみを抑える方法

    お肌のたるみを防ぐには、表情筋を動かし、肩こりや頭皮のコリをできるだけ解消する必要があります。表情筋を鍛えるには、分かりやすく表情を変える必要があります。表情筋を鍛えるトレーニングが効果的です。

    コリを解消するには定期的なマッサージが有効です。毎日のシャワー時などに頭皮をもむだけでも効果があるようです。

    ですが、お肌の水分量やコラーゲンの減少に関しては、本人の努力ではどうしようもない側面もあります。そこで、お肌のたるみに効果のある化粧品がオススメです。

    たるみ解消に効果的な化粧品とは?

    お肌のたるみ解消に効果がある化粧品ということを考えると、わかりやすいのは保湿性能が高い化粧品ということになります。そして、もうひとつのポイントは、皮膚の表面から確実に皮下細胞まで水分を届けることができる化粧品というのも重要です。

    これらのポイントを頭に置き、現在話題になっている化粧品をいくつかご紹介しましょう。

    独自開発のコラーゲンを肌に浸透させる

    ファンケルから発売されているエンリッチには、ファンケルが独自に開発した「適応型コラーゲンα」が配合されています。通常単体で存在しているコラーゲンを強く結束させることで、よりハリのある肌を実現します。

    一緒にファンケルのクレンジングオイルや洗顔パウダー、乳液、化粧水を使用することでより高い効果が期待できます。特に乾燥肌やたるみで悩んでいる方にオススメのセットといえるでしょう。

    ファンケルのエンリッチはこちら

    以下の記事では、ファンケルの「エンリッチ 化粧液 II しっとり」を、口コミや実際に使った感想と合わせて紹介しています。お肌を長い間しっとり状態に保ってくれるので、こちらもぜひ合わせてご覧ください。

    ファンケルの「エンリッチ 化粧液 II しっとり」口コミと感想 年齢肌の悩みをカバー!

    POLAオルビスグループ開発のエイジングケア化粧品

    エイジングケア化粧品として高い評価を受ける「ディセンシア アヤナス」は、化粧品の大手メーカーポーラ・オルビスのグループが開発した商品です。特に乾燥肌や敏感肌の方に人気で、その秘密はバリア機能の高さといわれています。

    乾燥肌や敏感肌の方は、肌表面のバリア機能が低く、せっかく皮下細胞に水分を与えても、すぐに水分が抜けてしまうのが問題でした。ディセンシア アヤナスは、このバリア機能を回復し、一度取り込んだ水分は逃がさないようにするのが特徴です。

    化粧水には通常のセラミドよりも高い浸透力を誇るセラミドナノスフィアを採用。大切な水分を確実に角質層に届けます。最後はきめの細かいクリームでしっかり保湿。年齢に合わせたお肌ケアが可能になっています。

    年齢別 スキンケアの方法

    年齢によって、やるべきスキンケアの方法が異なってきます。特に20代の方も、「20代だからまだ大丈夫」ではなく、30~40代になってもお肌をいい状態に保つため、今のうちからしっかりスキンケアをしましょう。年齢によってお肌のケアも変わる?20代~40代のお肌の変化とは

    まとめ

    肌のたるみは表情筋の衰退やお肌の水分量の低下が主な原因です。表情筋を鍛えるには、まず顔周辺の巻肉が凝り固まらないようにするのが重要です。そこで、いつでも正しい姿勢でいるように心がけましょう。猫背など姿勢が悪いと、どうしても特定の筋肉に負担がかかり、負担がかかった筋肉が硬く凝り固まります。一か所筋肉が凝り固まると、それをカバーするかのように連鎖反応で他の筋肉も凝り固まりやすくなりますので注意が必要です。

    どうしても少なくなってしまう水分は、ご自身の肌に合った化粧品でフォロー。トライアルセットなどで実際に肌に合うかどうかを確認し、一番効果を感じた化粧品でケアしましょう。化粧品はメーカーによって特徴がありますので、自身の肌の調子を考え、効果の高そうな化粧品から試すのがオススメです。

    特に目元が気になる方はこちら
    こちらもオススメ


    スポンサーリンク


    スポンサーリンク

    こちらもおすすめ!人気記事