通販番組でおなじみの、装着するだけで腹筋が鍛えられる腹筋マシン。昔はアブトロニック、今はクリスティアーノ・ロナウドがイメージキャラクターを務めるシックスパッドが有名です。

 

これらのマシンは、EMS(Electrical Muscle Stimulation)マシンと言います。要約すると、電気で筋肉に刺激を与えるマシン、です。電気により筋肉を収縮させ、鍛えるというものです。

 

今回、僕も残念ながらおなかが出てきてしまったもので…、ジムなどもすぐ飽きてしまう飽き性の僕が、なんとか楽して腹筋を鍛えて腹をへこませたい、ダイエットしたいと思って、筋トレパッドに手を出しました。

 

 


スポンサーリンク

東レ トレリート EM300

今回買ったのはこちらです。

 

 

安心・安定の国内メーカー、東レの「トレリート EM300」です。

EMSマシンは電気を使用して熱が発生するので、正しく使用しないとやけどをする可能性があるとのことでした。アマゾンには、数千円台で買える安価なマシンも多くあります。しかし、高い製品のほうが、筋肉を鍛える性能の差以上に、安全面の差が大きいと感じ、このマシンを選びました。

 

日本企業の東レの製品なので、おそらく安全面ではばっちりでしょう。実際に、使用中に身体から外れると動作が停止する、正しく付いてないとエラーが発生するなど、安全装置はしっかり作動します。

 

 

基本性能

トレリートは、充電式ではなく、単4電池3本で動きます。
パッドは4枚1セットで、本体を購入した際に2セット付属します。寿命は約1か月で、粘着力が弱くなったら交換です。

 

 

このように、シートに貼り付いていますが、収納時も同じようにシートに貼り付けて収納します。

 

 

サイズは非常に小さいです。このようにPCのキーボードと比較しても明確です。

 

そのため、持ち運びが楽で、使うかどうかはさておき、外出時でも使うことができます。

 

トレリートには、速いモード(Fast Mode)、遅いモード(Slow Mode)があります。

ファストモードは、瞬発力を発揮する速筋(白筋)を鍛えます。ランニングのような無酸素運動の効果が得られます。
スローモードは、持久力を発揮する遅筋(赤筋)を鍛えます。ウォーキングのような有酸素運動の効果が得られます。あまり外見に筋肉をつけたくない女性にとっては、身体の内部の赤筋を鍛えるといいかもしれません。いわゆるインナーマッスルです。

 

 

なお、電気を扱う以上、胸に付けるのは危険です。取扱説明書には、腹・腰・背中・お尻・腕・肩・太もも・ふくらはぎへの貼り付け方を紹介していますが、貼り付け方は必ず守ってください。

 

ちなみに、シックスパッドにあるような、腰に巻き付けるサポーターは付属しません。

 

 

EMSマシンの注意点と効果

注意点は、EMSマシンだけを使用して、痩せるわけではありません。なぜならEMSマシンには、脂肪を燃焼させたり、カロリーを消費させる効果はないからです。

 

 

EMSマシンを使う理由はズバリ、筋肉をつけることによる基礎代謝力アップです。

 

 

人間のカロリー消費活動の大半は、基礎代謝です。どれだけ激しい運動をしても、カロリー消費はたかが知れてています。

ダイエットのメインは摂取カロリーを抑えること(正しい食事制限)と、基礎代謝によるカロリー消費ですが、筋肉をつけることで基礎代謝力が上がり、痩せやすい体質になります。

 

 

さっそく使ってみた

初日、早速腹筋に使ってみました。トレリートのレベルは45段階ありますが、可能な限り(我慢できる限り)上げるのがいい、とのことです。最初は様子見でレベル20で設定しました。

 

時間は30分、45分、60分から選べますが、最初の2分はウォームアップ、最後の2分はクールダウンに当てられます。なお、1か所につき1日最大2時間までにします。

 

ウォームアップが終わると、レベルが自動的に30%減されますので(例・レベル20→レベル14)、いきなり強い刺激を食らうことはありません。行けそうなら、徐々に上げていきましょう。

 

初回は、レベル20でも結構筋肉に来ました。結構振動します。ただし、5分くらいで慣れるので、レベルを固定せず、少しずつ上げるのがいいかと思います。

筋肉痛→超回復を狙うなら、我慢できるギリギリのところまで上げていくのがいいですね。

 

 

使ってみた感想としては、腕や腹など脂肪が少ないところでは、レベルを低くしていいと思います(僕の腹の脂肪は少ないのです…!)
ただし、太もものような脂肪が多い場所では、若干レベルを高めたほうがいいです。

 

目安としては、「筋肉が揺れているかどうか」です。レベルが低いと、「脂肪が揺れている」状態にしかならないので、気を付けましょう。

(2018/8/10追記)使用して2週間程度経過しましたが、刺激にも慣れてきたので、現在ではレベル25~30の間で使用しています。

 

 

僕はこれから、3日1セットで、腹、腰、太ももをローテしていきたいと思います。
※筋トレの基本は、毎日同じ箇所を鍛えないことです。3日に一度にしましょう。

 

 

 

交換用パッドは純正品にしましょう。

 
 
筋トレマシンに頼らない筋トレも、エネルギーを消費させることができるのでおすすめです。スクワットは、脚痩せするには絶対に必要です。
 


スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします