新卒の就活や、転職の面接の際に、意外と困るのが「服装自由」だったり、「私服でお越しください」という文言。
わたしも困りましたが、私服で行きました。そして実はこれが結構正解だったりします。

 

理由はいくつかありますが、一番の理由は面接時の堅苦しさを避けるためです。
各企業の風土にもよりますので(特にベンチャーなら)、「就活ならスーツが当然」という考えではなく、素直に私服で行きましょう。
(ほかの企業のスーツでの面接とハシゴにならないように気を付けたいですね。どうしても厳しいなら、あらかじめ断りを入れてスーツで行くといいでしょう)

 


スポンサーリンク

服装の選び方

「私服」といえども、なんでも着ていいかというとそうではありません。
あまりにもラフすぎる服装はNGなので、実際に会社で働くときの「オフィスカジュアル(ビジネスカジュアル)」で行くといいでしょう。
企業によっては、本当に「ザ・私服」のようなところもありますが、入社してからにしておいたほうが無難です。

 

選び方の基本

  • スカートがベター

やはり面接官には印象がいいです。ただし、丈の短いものはもちろん、長いものもNGです。膝丈もしくは膝やや上程度のものを選ぶといいでしょう。なおパンツスタイルでも、「しっかりしている」という印象を与えられるので、好みで選んで大丈夫です。

 

  • ジーンズなどデニム素材はNG

「ビジネスカジュアル」でもNGな企業は多いです。デニム素材はカジュアルすぎるとみなされてしまいます。

 

  • ヒールが高すぎるのはNG

10cmもする高すぎるものはNGです。どれだけ高くても、5cm程度までに抑えておきます。面接でいろんなところを歩き回るなら、ヒールはフラットのほうがいいですね。

 

  • ベージュのストッキング

仕事着においては、ストッキングは必須ですが、面接でも同様に着用しましょう。就活のときは、ベージュのものを使用します。黒や柄物はNGです。また、予備は持っておくと安心です。

ちなみに、わたしはトゥシェ プラチナムがオススメです

 

コスパ重視のストッキングなら、こんなのはいかがでしょうか?

 

 

なお、パンツスタイルでもストッキングは必要です。

わたしのおすすめは、「パンツスタイルのビジネスウェアにストッキングは必要なのか。」でも書いてある通り、ひざ下丈のものではなく、腰まであるものです。おしりを上げてスタイルをよく見せる効果があるからです。

面接では見た目の印象も重要なので、少しでも自分自身をよく見せられるようにするといいですね。

 

色は白や薄い水色など爽やかに見えるもの、もしくは黒や紺など、落ち着いたものにします。ショッキングピンクなど原色系は、避けたほうが無難です。

いちばん無難なのは無地ですが、ボーダーやストライプでもOKです。派手な柄(大きな花をあしらったものや、アニマル柄など)はやめましょう。

 

 

 

転職活動は大変ですが、エージェントを利用するとうまくいくことが多いです。自分にあった求人だけではなく、今まで気づかなかったけれど実は自分に合っている、というアドバイスももらえます。また、面接準備などのサポートも充実しています。転職エージェントを使う意味とは。求人紹介や面接サポートが充実。

 

 

おすすめ4選+α

いくつか集めてみました。これらは実際に働き始めてからも使えるスタイルなので、ぜひ参考にしてみてください。

やはりジャケット+ブラウス+フレアスカートの清楚スタイルがいいですね。スカートは華やかな印象を与えることができます。特に「就活生」であれば、このようなほうが好かれるかもしれません。

 

関連記事:配属直後の新入社員や若手におすすめのオフィスカジュアル(スカートスタイル)


引用元:https://wear.jp

 

 

このようなオフィスカジュアルに適したコーデは、ユニクロやしまむらなどプチプラでも十分に実現できます。


引用元:https://wear.jp

ユニクロのスカートについては、一部以下の記事で紹介しています。オフィスカジュアルにもおすすめのユニクロのスカートコーデ

 

 

 

パンツスタイルなら、このようなものもよさそうですね。パンツスタイルの最も優れているところは、「しっかりしてそう」「仕事ができそう」という印象を与えられるところです。

関連記事:配属直後の新入社員や若手におすすめのオフィスカジュアル(パンツスタイル)

引用元:https://wear.jp

 

 

タイトスカートならこのようなものでしょうか。

引用元:https://wear.jp

 

 

一年後、新入社員として現場に配属される方向けにオフィスカジュアルについてまとめております。もちろん、ビジネスカジュアルの面接にも使えます。スカートスタイルとパンツスタイルに分けてありますので、好みに合わせて参考にしてみてください。

 

 



スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします