野球観戦に行くのであれば、自分自身もユニフォームを着て応援したいものですね。ですが、実は野球チームのユニフォームにはたくさんの種類があります。せっかくユニフォームを着るなら、ユニフォームでもおしゃれしたいですね。

というわけで、プロ野球チームのユニフォームを、見た目別・素材別にまとめてみました。

 

 


スポンサーリンク

見た目別・ユニフォームの種類

大きく分けても、ホーム用・ビジター用・サードユニフォーム・イベント用と4つの種類があります。主に使用するのはホーム用とビジター用ですが、最近では非常にたくさんの種類があります。

 

ホーム・ビジターってなに?という方は以下をご覧ください。

 

ホーム用

基本的に、白地+チームカラーの色文字で構成されています。選手名鑑やCMなどでもこれを着用しているので、見たことがある方も多いと思います。

引用元:https://wear.jp/

一番基本的で無難なユニフォームなので、迷ったらこれを着ていきましょう。

 

 

ビジター用

ホーム用とは逆に、チームカラーの下地に、白文字で構成されています。チームカラーが色濃く出ているので、チームによってはホーム用のものより人気があります。(例:広島東洋カープのビジターユニフォームは赤色ベースですが、ホームのマツダスタジアムでも着ている方が多いです)


引用元:https://wear.jp/

ビジターの試合に遠征しに行くファンは熱心な人が多いので、ユニフォームも統一させる傾向が強いです。せっかくの遠征なので、選手と同じビジター用ユニフォームを着て、一体感を出しましょう。

 

 

サードユニフォーム

チームによっては、第三のユニフォームとして数十試合程度定期的に着用しているユニフォームがあります。

サードユニフォームの一例:

  • We love Hokkaidoユニフォーム(北海道日本ハムファイターズ 色は年によって異なります)
  • All for Chibaユニフォーム(千葉ロッテマリーンズ 赤色ベースのユニフォーム)
  • 燕パワーユニフォーム(東京ヤクルトスワローズ 緑色ベースのユニフォーム)

 

 

 

ホーム用ともビジター用とも違う色なのが特徴で、「第三のチームカラー」でもあります。

 

 

イベント用ユニフォーム

各球団では毎年さまざまなイベントが行われており、そのイベント用に特別に作られているユニフォームもあります。代表的なのは、「復刻ユニフォーム」「レディースデー用ユニフォーム」です。

一例:

  • 復刻ユニフォーム
  • レディースデー用ユニフォーム
  • その他限定・特別イベント

※イベントの内容は各球団によって異なるので、詳しくは各球団の公式ページをご覧ください。

 

復刻ユニフォーム

かつて使用していたユニフォームを着用して試合を行います。オリックス・バファローズ対福岡ソフトバンクホークスの「KANSAI CLASSIC」など、両チームを巻き込んでイベントを開催することもあります。

引用元:https://www.buffaloes.co.jp/

 

レディースデー用ユニフォーム

レディースデーとして、女性向けにイベントが行われる日がありますが、その一環として、ピンク色をあしらったオリジナルのユニフォームがもらえます。
※選手は着用しません。

引用元:https://wear.jp/

レディースデーで行われるイベントは、「イケメン選手人気投票」などでしょうか?

千葉ロッテマリーンズの「マリーンズ・イケメン5」


引用元:https://www.marines.co.jp/

 

その他限定・特別イベント

これ以外にも、不定期でさまざまなイベントがあり、限定のユニフォームが作られることがあります。

 

読売ジャイアンツの高校野球チーム版ユニホーム「if~もしもジャイアンツが高校野球のチームだったら~」

引用元:http://www.giants.jp/

最初見たとき、胸にでっかく「巨人」と書いてあるのにびっくりしました笑

 

 

北海道日本ハムファイターズの北海道新幹線開通記念ユニフォーム

引用元:https://www.fighters.co.jp/

日ハムのサードユニフォームには「WE LOVE HOKKAIDOシリーズ」として胸にHOKKAIDOと書いてあるものがありますが、この年は北海道新幹線開通を記念して、新幹線カラーのものが作られました。左右非対称のカラーリングもいいものですね。

 

 

素材別・ユニフォームの種類

ユニフォームの「素材」についても、たくさんの種類があります。

 

レプリカユニフォーム

最もポピュラーなユニフォームです。各チームのグッズショップで1万円程度で販売されています。選手別に背番号と名前が貼り付けられているので、お気に入りの選手のものを買って応援しましょう。

ファンによっては、同じ見た目でも選手別に買うとか買わないとか…

 

 

無料配布ユニフォーム

レプリカユニフォームは約1万円とちょっと高い…と思う方もいるかと思います。確かに、ホーム用/ビジター用の2着だけでも2万円、イベント用もすべて含めて買うと5万円以上になってしまいます。

ですが、野球の試合にはたまに「ユニフォーム配布デー」があり、その日に野球観戦に行くと、簡易的なユニフォームをプレゼントしてくれます。初心者のうちは、このような日に行ってユニフォームをゲットするのもいいですね。

 

イベントユニフォーム着用のときは、無料配布してくれることも多いです。また、チケット代+αでゲットできる場合もあります。

 

ただし、あくまで簡易的な作りになっているので、素材や品質はそれなりです。(別料金で名前を入れることは可能ですが)背中にも名前や背番号がついていないので、野球観戦によく行く方はぜひともレプリカユニフォームがおすすめです。

 

 

プロモデル(オーセンティック)

完全オーダーメイド・受注生産で、選手の使用しているものと全く同じユニフォームを買うことができます。価格は約4万円と、レプリカユニフォームの4倍以上もしますが、その分細部にまでこだわりがある高級品です。

ちなみに、ぱっと見でも分かる一番の違いは、オーセンティックの背中にはNPBのロゴがついているということです。着ているファンは、後ろの席のファンに無言でひそかに自慢するとかしないとか…

 

ユニフォームのコーデ(野球観戦コーデ)については、以下をご覧ください。【ユニフォームも】野球女子向け 観戦時の服装 カジュアルスタイルからガチコーデまで7選。



スポンサーリンク


スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします