可愛いと思った服が、お金や部屋のスペースの都合でなかなか買えない…

このような方は、すでにファッションレンタルサービスに興味を持っていることと思います。

ファッションレンタルサービスは、月額でいろいろなコーデを試すことができるのが魅力なので、お金がなくても、部屋のスペースがなくても毎日違ったコーデが楽しめます。

今回紹介するのは、「エアークローゼット」です。エアークローゼットは、スタイリストのおまかせコーデを交換無制限で借りられるのが魅力です。

今回は、実際にエアークローゼットを利用した30代の女性3人(Aさん、Bさん、Cさん)の感想を元に、エアークローゼットについて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

エアークローゼットのサービス概要

以下画像引用元:https://www.air-closet.com/

エアークローゼットの特徴は、スタイリスト完全お任せでコーデ単位でレンタルできることです。

月額9,800円のレギュラープランの場合は、コーデ交換を無制限に行うことができます。エアクローゼットは自分で服を選ぶことができず、スタイリストに完全お任せになりますが、自分の好みや悩みなどを元にして、ぴったりなコーデを選んでくれます。

以下のように悩みや好みを登録し、それをもとにスタイリストが服を選びます。入力する項目は幅広いので、利用者の好みをできるだけ反映させることができます。

エアークローゼット 好みのサイズ

エアークローゼット 気になる体形を入力

身体のラインを出さない服が好きだったり、フィットしたほうが好きだったりと、こだわりを選択できます。

エアークローゼット フィット感のこだわりを入力

好みのコーデを選択することで、それに近いコーデを受け取れるようにします。

※以下のコーデがそのまま届くわけではありません。

エアークローゼット 好きなコーデ

悩みや利用用途を入力することで、コーデ選びの参考になります。

エアークローゼット スタイリストへ伝えたいことを入力

エアークローゼットのリクエスト

エアークローゼットでは、届けてほしい服を自分で選ぶことはできませんが、「着たいコーデをリクエストする」ことができます。より好みに近づけるためには、次の2つのことが重要です。

  • 服のサイズや身体の気になる箇所をしっかり伝える(上の画像)
  • 好みの服や用途をリクエストし、届いた服についてはしっかり感想を伝える(以下リンク先記事参照)

エアークローゼットのリクエスト方法を、実際に届いた例とともに紹介します

料金設定は以下のようになっています。「レギュラー会員」の場合は、一か月の間に何度も交換することができます(交換費用が別途1回あたり300円かかります)

エアークローゼットの料金プラン

  • レギュラー:9,800円
  • ライト:6,800円
  • プラスサイズ:12,800円 (料金はいずれも税抜き)

 

お得なお友達紹介制度

お友達紹介制度を使うと、登録時に初月だけ3,000円割引されて大変お得です!「お友達招待コード」は、以下の記事で紹介しているので、エアークローゼットを使っている友達がいない方も損はしません!

しかも、期間限定でそれ以上お得になるクーポンがもらえる可能性があるのもうれしいですね。

エアークローゼットの招待コードとクーポンの使い方 自分も友達もどっちもお得!

「自分で服を選べない」というのは、言い換えるとこんなメリットがあります。

Aさん:

私はあまりセンスがないので、コーディネートなどもしてもらえるのがうれしかったです。色などのバランスなども見てもらえます。人気のあるアイテムが多いので、はずれがありません。私が連絡したものはサイズなどもちょうど良く満足できました。

Cさん:

ただ服を借りるだけでなく、プロの方がコーディネートをしてくれるサービスがとても気に入っています。自分で服を選ぶ時間が省ける上、周りからオシャレになったとも言われました。

スタイリストにお任せというのは、「自分で服を選ぶ必要がない」ということですね!服選びに自信がない方、面倒な方には合っているのではないでしょうか。

3,000円お得!招待コード

エアクローゼットはこんな人におすすめ!

エアークローゼット

エアークローゼットは、以下のような方におすすめです。

  • お金をあまりかけずにいろんな洋服を着たい方
  • オフィスカジュアルコーデに悩む方
  • 服選びが面倒な方
  • 短期間でたくさんのコーデを試したい方

エアークローゼットは、「スタイリスト完全お任せコーデ」を「何回も交換できる」のが魅力です。ただし、ほかのファッションレンタルサービスと比べると、「アイテムは全く選べない」、「服のプレゼントがない」という欠点があります。自分が選ぶわけではないので、必ずしも要望に100%応えられたものが届くとも限りません。

また、ほかのファッションレンタルサービスにも共通して言えることですが、会員同士で服をレンタルしあうので、一部の服にはどうしても使用感を感じるものがあります。

それでも、服の買取はアイテム単位で可能なので、特に気に入ったものがあれば、返却しないで買い取りすることもできます。

基本的にはコーデ単位での交換制なので、とにかくいろんな服を楽しみたい、という方には合っていますね。

さらに、エアークローゼットで取り扱う服は、どれも百貨店に入っているブランドばかり。自分で買うには少し高いと思っても、エアークローゼットなら手軽にレンタルできるのが魅力です。

実際に届いたコーデの紹介

エアークローゼットの感想、口コミ

続いては、冒頭に紹介した3人の30代女性が実際に利用した感想です。やはり、「プロがコーディネートしてくれる」というのが魅力的ですね。

Aさん:

私はあまりセンスがないので、コーディネートなどもしてもらえるのがうれしかったです。色などのバランスなども見てもらえます。人気のあるアイテムが多いので、はずれがありません。私が連絡したものはサイズなどもちょうど良く満足できました。一番安いコースなら6800円で3着借りられますが、お手頃価格だと思います。

Bさん:

仕事着であったりプライベートで着る洋服として利用しました。毎回同じ服を着て遊びに行かずに済んだのが良かったです。自分がこういう服が良いというのを聞いてコーディネイトしてくれるのが良かったです。完全に自分が良いと思った服が来るとは限らず、「はずれ」が来ることもありましたが、自分の要望が届きやすいようにはなっているかと思います。

Cさん:

コーディネートに時間がかかっていて面倒だったためエアクローゼットを利用することしました。シンプルなものは通勤用で、自分でなかなか挑戦できない派手な色のスカートやワンピースなどは、休日のデートなどプライベートで着ていました。ただ服を借りるだけでなく、プロの方がコーディネートをしてくれるサービスがとても気に入っています。自分で服を選ぶ時間が省ける上、周りからオシャレになったとも言われました。また服の種類も多く、交換も無制限でできるのでとても利用しやすかったです。

エアークローゼットの正しい使い方

無制限で交換可能なレギュラープランで、気に入ったものが来るまで交換しましょう。

「気に入ったものではない」ということを避けるために、最初のカルテで好みや悩みをしっかり記載!返却する際は、感想を伝えることで、次回のコーデ選びに生かされます。

また、エアークローゼットにログイン後、「メニュー」→「スタイルブック」のタブをクリックすると、シーズンおすすめのコーデの写真が20種類掲載されています。もし好みにぴったりのコーデがあれば、「スタイルブックと似た服がほしい」とリクエストするのもいいですね。

自分の好みや感想をしっかり伝えることで、気に入ったアイテムが届きやすくなります!ぜひお試しください。

詳しくはこちら

「スタイリストにリクエストして、好みの服を借りる」例を、実際に届いた服と合わせて紹介しています。

エアークローゼットでは、借りたい服を指定することはできませんが、「このような服が着たい」というリクエストには応えてくれます。

リクエストや感想を伝えることで、自分好みの服が借り放題になるのがいいですね。詳細はこちら。

「エアークローゼットはダサい」を回避!満足いく方法は2つだけ【実際に届いた服も紹介】

まとめ

エアークローゼットは、コーデが完全お任せなので、「服を選ぶのがめんどくさい!」という方にぴったりです。

服を選ばなくていい、クリーニングをせずに返却可能と手間もかからないので、仕事着にもプライベートの服にも手軽にチャレンジできます。

とにかく手間をかけずにいろんな服を着てみたいという方は、試してみる価値が十分にあるのではないでしょうか。

3,000円お得!招待コード
エディクロとの比較

エディストクローゼットも、エアクロと同じくコンサバ系オフィスカジュアルコーデがレンタルできることで人気のファッションレンタルです。エアクロとの違いは、「服を自分で選べる」ということです。

2つのサービスを比較してみたので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

【徹底比較】エディストクローゼットVSエアークローゼット どちらがおすすめ?

その他ファッションレンタルサービス

こちらの記事では、6つのファッションレンタルサービスを比較しています。「コーデ単位で借りられる」「1アイテムから借りられる」などサービスによって違いがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

服のレンタルサービス6社を比較してみた。おすすめも提案!【ファッションサブスクリプション】



スポンサーリンク


スポンサーリンク

こちらもおすすめ!人気記事