現在人間が行っているたくさんの仕事が、どんどん自動化が進んでいき、10年後には現在の仕事のほどんどがAIに置き換わっている、と言われています。

身近なところでも、荷物の自動配達、自動運転、買い物時の自動会計など、あらゆるものが人間の手から機会による処理に置き換わるとされています。

 

そこでよく言われているのが、「仕事が機械に奪われる」というものです。確かに、10年後には「荷物の配達員」「運転手」「レジ係」といった仕事はなくなっているかもしれません。現在その仕事を行っている方は、「仕事が機械に奪われる」と感じるかと思います。

 

ですが、AIの発達により、なくなる仕事もあれば生き残る仕事、そして「新たに生まれる仕事」もあります。堀江貴文氏と落合陽一氏の共同著書「10年後の仕事図鑑」を読んだ感想を兼ねて、いくつか紹介したいと思います。

 

 


スポンサーリンク

なくなる仕事は、「機械の方がコストが低い仕事」

著書内では、「人間が仕事を行っている理由は、機械より低コストだから」とあります。現時点では、事務員やレジ係の仕事の完全自動化はまだ行われておらず、機械を導入しようとするととても高い費用が掛かるものと思われます。

 

しかし研究が進み機械を安価で作れるようになると、人間を雇う費用よりも機械を使用する費用のほうが安くなります。そうなると、人を雇うよりも機械を使おうということで、今後人間が行うことはなくなってくるものと思われます。

 

これは確かにその通りで、会社を経営する側にとっては、安いに越したことはないですね。また、機械はミスをしないというのが一番のメリットです(設計さえうまくできていれば、ですが)

 

現在多くの事務作業は、RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)によって自動化されています。これにより、単純な事務処理はほぼ機械が行っています。また、物流業務でも、ピッキングは自動化されていますね。そのような光景をテレビなどで見たことがある方も多いと思います。

 

今後は作業の幅も広がり、機械ができることがどんどん増えていく(人間が行うことがなくなる)ものと思います。

 

 

生き残る仕事は、「複雑な仕事」

逆に、機械に任せるにはコストが高すぎたり、そもそも複雑すぎて機械に任せられない場合は、今後も生き残る仕事、といえます。

例えば、事務処理の仕事はなくなりますが、「事務処理を行うロボットを作る」ことはどうでしょうか?ロボットを企画して、設計して…ということは、ロボットには(今のところは)できません。

 

事務職が10年後に完全になくなるわけではない

現在事務職で働いている方も、10年後「事務職という仕事がなくなる」とは、僕は思いません(もちろん業務内容に変化はあると思いますが)

なぜなら、先ほども書いた通り、事務処理を行うロボットを作ることは、ロボットにはできないからです。

事務処理には多くのフローやパターン分け、いくつもの例外処理があります。慣れた事務員であれば簡単にできることも、機械に覚えさせるのは大変です。

なので、これからの事務職には、ロボットをまとめる力、具体的には企画職と同じように、企画力やコミュニケーション力、分析力やプレゼンテーション力が必要になってくるものと思われます。

 

今後は、「自分にしかできないこと」が重要になってきます

 

 

 

体験型コンテンツに関わる仕事が、今後生まれてくる

さて、AIによる自動化と同じように、最近よく言われているのが、VR(仮想現実)AR(拡張現実)ですね。これらに関する仕事がどんどん増えていっていますが、実はVRやARによって、今まで存在していたものが見直されるようになります。

 

それは、観光地における体験教室やスポーツ観戦、音楽鑑賞など、実際に自分が体験するものです。そして、これらにかかわる仕事は、なくなるどころか今後伸びていくものと思われます。

 

 

みなさんの中には、このように考えている方もいるかと思います。
「プロ野球は視聴率が落ちて、人気がなくなった」
「YouTubeの影響でCDが売れなくなり、音楽の人気がなくなった」

 

これらは両方とも誤りです。今は野球観戦、音楽ともに人気が高いです。

 

現在のトレンドは、「現地に行って実際に体験すること」です。スタジアムやライブ会場に実際に足を運んで、いかに楽しめるかが重要です。運営側も、現地の観客を満足させるために施策を打っています。

 

このような傾向になったのは、おそらくSNSの発展によるものと思われます。現地の写真をFacebookやインスタグラムに載せて、同じ趣味仲間であるフォロワーからの反応を得る、というものです。現地のアクティビティが、現在のSNS社会にばっちり合っていますね。

20~30年前は観客が休日でも1,000人いなかったロッテ対日本ハムの試合が、今では平日でも20,000人以上いる、これってすごくないですか?

 

 

さて、VRの時代では、「あらゆるものが実際に目の前にあるかのように体験」できます。家に居ながらにして臨場感のあるスポーツ観戦ができたり、世界中に旅行に行けます。

 

ですが、僕もそうなのですが、絶対にVRだけでは満足しないですよね…?実際に行ってみたいと思いますよね。実際に行ったら、現地でしか体験できないことをやってみたいですね。

 

なので、観光地にある仕事はなくならないと思います。観光地で働く人は、その人そのものが、「現地の人」という、AIにはない付加価値です。

 

観光スポットの最初の案内役であるペッパーくんだけではなく、現地の「人」と一緒に何かをする、ということが、今後重要になってくるものと思います。

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク


Facebook いいね!/Twitterフォローお願いします