置き換えダイエットはやりすぎに注意。2食以上はNG。

ダイエットに不可欠なものといえば、食事制限ですね。
ライザップにおいても、トレーニングメニューだけではなく、食事メニューまで徹底的に管理されており、ダイエットに最も必要な要素になっています。

ライザップまでとはいかずとも、食事に少し気を遣うだけで痩せることも可能なので、行っている方も多いと思います。
代表的なものとしては、炭水化物を減らす、野菜中心にする、などが挙げられますが、「置き換えダイエット」をしている方も多いですね(わたしもたまにしています)。

置き換えダイエットとは

置き換えダイエットとは、朝昼夜の3食のうち1食を、ダイエット食品(例:プロテイン)に置き換えるダイエットのことです。

ダイエット食品のため、摂取カロリーを抑えることができるのがメリットです。
1日に必要な栄養については、ダイエット食品から摂取することができます。

どの時間の食事に置き換えるのがよいか

わたしのおすすめは、断然「夕食」の置き換えです。
ダイエットのみならずさまざまな健康面から、夕食を抑える必要があります。

一番の理由は、の時間帯は脂肪を貯めこみやすいやすいためです。
また、食事の時間によっては、睡眠中に消化活動が行われることになりますが、これが睡眠の妨げとなってしまいます。

そのため、夕食を脂肪が少なく消化にいいものが多いダイエット食品に置き換える、ということをオススメします。

置き換えダイエットの効果

以下は実際に置き換えダイエットを行った方の感想です。
この方は、1日2食を置き換えることによって、10kgの減量に成功した、とのことです。

女性 / 30代後半
約半年間、あるメーカーの置き換えダイエット食品を利用してそれを食事代わりにしていました。

当初置き換えダイエット食品の利用に関してはやや否定的であり、購入に費用がかかる上に慣れなくて食事の間に空腹を感じて辛くなるかもしれないと思っていましたが、しかし知人が置き換えダイエット食品を利用することで約10㎏のダイエットに成功したことから、自分も真似してみようと思いました。

最初は1日1食を置き換えダイエット食品にしていたのですが、思うように効果がでなかったということで途中から1日2食を置き換えました。

すると、体重の減り方が早くなったりお腹がへこんでスタイルがよくなったりしたので、そのまま1日2食の置き換えダイエット食品を継続して摂取していました。

 

わたし自身の意見では、1日1食の置き換えでも十分効果は得られると考えています。
わたしがプロテインダイエットをしていたときは(夕食をプロテインに置き換え)、1か月あたり2~3Kgのペースで減量できていたかと思います。個人的には無理なく行えていました。

【即納】DHCプロティンダイエット ドリンクタイプ15袋入(5味×各3袋)【60サイズ】【あす楽対応_関東】プロテインダイエット (6005203)

価格:3,633円
(2018/4/7 19:21時点)
感想(153件)

やりすぎに注意

ただし、置き換えダイエットは、やればやるだけいいというものではありません。カロリーを摂取できなくなるので、1日の活動に必要なエネルギーが不足してしまいます。その結果、以下のような弊害も出てしまいます。

女性 / 30代後半(先ほどと同じ方です)
体重が約半年間で知人と同じく10㎏程度のダイエットができ、スタイルもよくなったことから成功できたと最初は喜んでいました。
ただ1つだけ問題だったのは食事制限を厳しくしすぎて貧血気味になってしまったということでした。なので完全に成功したとは言えないと思いました。
 
 
 
 
女性 / 30代前半
朝と昼の2食をダイエット商品に置き換えたところ、1週間ももちませんでした。

お腹が空き、耐えれず夜中にドカ食いをしてしまいました。やはり1日メインのご飯が夜ご飯だけというのは相当辛く、お菓子なども我慢していたので余計に食べたい欲求だけがつのり逆効果でした。極度にきつい置き換えをすると日中もイライラして、ストレスは溜まるし何の効果出ず、寝ていても常に空腹状態でストレスのみが溜まってしまいました。

置き換えダイエットはせいぜい1日1回にするべきでした。

 

以上のお二方は、1日2食を置き換えたところ、マイナスの効果も見られるようになってしまいました。

朝と昼を置き換えた方は、空腹でストレスが溜まってしまい、夜に食べ過ぎてしまい、結果失敗してしまいました。

先ほど紹介した半年間で10Kg痩せられた方も、貧血気味になってしまったとのことです。おそらく、ストレスも感じていたのでしょう。

また、もう一つ紹介します。

男性 /年代不明
朝起きてまず朝ごはん感覚でスムージーを2つ飲みました。
その後、昼食の時間にも野菜ジュースだけを飲んでいました。

急激にお腹が減りだしたのは午後8時くらいのことですが、そこでスムージーを3つほど飲み空腹に耐えていました。スムージーは満腹感を得られるものも噛むという動作を行わないことから、通常の食事のような感覚にはなりませんでした。

何とか空腹を凌いで一日過ごし、翌朝24時間ぶりの固形物を食べました。普段の食事よりも大幅なカロリーダウンを実現することが出来たので少し体重も減り、成功だったように思います。

ただ、私の場合はスムージーをかなりたくさん飲んでしまったので効果は大きくありませんでした。また、翌日にそれなりの量を食べてしまったのもミスだったかなと思います。

 

これは、わたしもよくやります…笑
食べ過ぎた次の日とかに、体重を調整するためにやるんですよね。ただし、この方も書いているように、おなかがすくので長期のダイエットには向いていません。

そもそも、日中は活動するためにエネルギーが必要なので、置き換えするのにはおすすめできませんし、3食すべて置き換えはさすがに無理があります。
この時間帯に食事制限をするのであれば、炭水化物の量を減らすなど、別の方法がいいですね。

ダイエット食品は摂取カロリーを抑えつつ栄養を摂ることができるため、手軽に食事制限をすることができます。
ただし、「人間の活動にはカロリーが必要」という前提を忘れないで、無理なくダイエットできるといいですね。



気に入っていただけたら、フォローをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です