転職エージェントの使い方。おすすめの企業と大手/中小の比較

2019年度入社の就活シーズンがスタートしました。
わたしも含め、社会人にとっては懐かしさを感じますが、就活をするのは新卒のときだけではありませんよね。
違う仕事がしたい、人間関係給料、産休/育休からの復職
理由はさまざまですが、社会人を経験してからでも、「転職活動」という形で就活を行う方も多いと思います。

新卒であれば、リクナビなど新卒専門の就職サイトに登録して、
仕事を探して応募する、といった形がほとんどだったかと思います。
もちろん、中途採用転職においても、そのようなサイトは存在します。
しかし、それ以外にも、中途採用にはさまざまな方法が存在します。
例えば、転職エージェントマッチングサービススカウトサービスなどですね。
新卒のときと同様、リクナビなどのポータルサイトに登録して自分自身で求人に応募する方法もあります。

そのうち、今回は「転職エージェント」について紹介したいと思います。

転職エージェントとは

まずは、エージェントの意味を調べてみましょう。

agent
代理人、代理店、仲介者、周旋人、外交員、(官庁の)代表者、公吏、事務官、スパイ、調査官

たくさん意味がありますが、ここでは「代理人」という意味です。
転職エージェントとは、「転職における代理人」ということになります。

転職エージェントも世の中にたくさんありますが、
会社によって大きな違いはなく、サービス内容は大体同じです。
以下のものを「代理で」行ってくれます。

・企業探し、応募
・面接の日程調整など各種スケジュール調整

特に、仕事をしながらの転職活動だと、これらのことには時間がかかってしまいますが、
エージェントが代わりに行ってくれるため、苦労せず転職活動をすることができるのです。

転職エージェント経由での転職活動の仕方

まず、エージェントに登録します。
その際、アドバイザーと面談を行い、希望職種条件などを伝えます。
最後に履歴書職務経歴書を渡せば、登録完了です。
(さすがに、履歴書や職務経歴書の作成までは代わりにやってくれませんので、がんばって作りましょう)

登録が完了すると、メールなどで仕事や企業を紹介してくれます。
わたしが利用していたリクルートエージェントでは、
専用のサイトが用意され、そこで求人の推薦や、応募状況を管理していました。

求職者は、「ここに応募したい!」とサイト上でボタンを操作すると、
企業に応募できます。
しばらくすると、書類選考結果を教えてくれ、通過の場合は、面接の日程調整を行えます。

ちなみに、裏ではエージェントが企業に対し、
求職者から事前に受け取った履歴書と職務経歴書を送ります。
求職者が直接送る必要はありません。

応募企業の数が多くなると、最悪の場合は自分で応募した企業と面接日も忘れてしまうかもしれませんが、その心配は一切ありません。
すべて、エージェントが行ってくれます。
日程調整もエージェントが行ってくれるため、企業から提示された日の都合がつかなかったとしても、
直接交渉する必要はなく、エージェントに伝えるだけで済みます。

なお、書類選考の通過率は、約20~25%と言われています。

無事に書類選考を通過して面接に臨む際は、がんばってください!服装ですが、新卒とは違いリクルートスーツではあか抜けない印象を与えてしまうので、業界にもよりますが、「「服装自由」な就活面接のための、おすすめオフィスカジュアル。」で紹介しているようなコーデに、ジャケットを合わせるといいでしょう(新卒の就活生向けに書いてはいますが、特に若い年代の方であれば、十分に参考になるかと思います)

その他、転職エージェントに関すること

その他、覚えておくと便利なことや、注意点を記載したいと思います。

・無料で利用できる!
便利な転職エージェントですが、なんと求職者は一切費用が発生しません。
無料で利用できます。
求職者が転職を果たすと、採用した企業は、エージェントに対して
その求職者の年収の概ね30%を支払うことになります。
ビジネスモデルとしては、求職者を探している企業から料金を受け取ることになるため、
実際のエンドユーザーである求職者は、お金を払う必要はない、ということです。

企業にとっては、エージェントから優秀な人材を紹介してもらえる、
エージェントにとっては、ビジネスとして成立させることができる
求職者にとっては、無料で手厚いサービスを受けられる
まさにwin-win-win、トリプルwinの関係ですね!

転職エージェントの手厚いサービス

上で挙げたこと以外にも、模擬面接であったり、
履歴書/職務経歴書の添削だったりを行ってくれます。
また、毎回の選考ごとに、手厚いフィードバックを行ってくれます。
うまくいかないことがあった場合は、このフィードバックをもとに、
次回の参考にすることができます。

企業選択の幅が狭くなるかもしれないのは注意

エージェントは、求職者に合った求人を紹介してくれますが、
逆に言うと、企業選びがエージェントに依存してしまいやすいです。
それでも、アドバイザーは、求職者のやりたいことを考え、
本人が考えもしなかったものを推薦してくれます。
一応注意点として掲載しておきますが、そこまで気にすることはないと思います。

意外にも、小さい会社のエージェントがいい

エージェントは1社だけでなく、複数社併用して使用することができますが、
わたしのオススメは、
「リクルートなどの大手」「小さい会社/ベンチャー企業など」の2つの併用です。

各企業は、大手エージェントに対してはほとんどの箇所に求人を出しているので、
「リクルート」「パーソル」「マイナビ」などでは求人内容にあまり違いはありません。
各社サービス内容は異なると思いますが、「求人を見比べる」ための併用には不向きです。
併用するとしても、「最も気に入った1社」をメインに据えるといいでしょう。

「小さい会社/ベンチャー企業など」に登録する理由としては、
(言い方は悪いですが…)エージェントのコネ狙いです。

「小さい会社/ベンチャー企業など」には、ごくまれに大手にはない独自の求人を持っている可能性があります。
その理由は、エージェントの前職のツテです。
そもそも、凄腕の営業さんやコンサルタントエージェントの人が新たに会社を立ち上げたパターンが多いので、
昔の友達や仕事仲間だった人をたどっていけば、あっさり決まるというパターンもあるのでしょうね。

転職しようと思っている方は、
ぜひともこれを参考にしてもらえればと思います。



気に入っていただけたら、フォローをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です